「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

宝石の国106話ネタバレ最新話考察!休載し2024初春に連載再開!

宝石の国106話ネタバレ最新話考察!休載し2024初春に連載再開! マンガ
Pocket

漫画『宝石の国』の最新話106話はしばらく休載して2024初春に公開されます。

皆さんも続きが気になって待ちきれないですよね。

今日は、そんな気になる106話をネタバレありで考察していきたいと思います。

105話では一旦は滅亡を覚悟しましたが脱出出来る事になりました。

橋を燃やすために1人残ることにしたフォスフォフィライトはどうなるのか。

1番気になるとこでの休載なので凄い展開が用意されてそうですね。

今回は『宝石の国106話ネタバレ最新話考察!休載し2024初春に連載再開!』を紹介していきます。

 

宝石の国105話ネタバレ最新話考察!

 

宝石の国106話ネタバレ最新話考察|フォスの中に残る人間が目覚める

穏やかな終焉を感じさせる展開ですが、やはり”フォスフォフィライトだった者”の中に残る人間が気になるところです。

何らかの精神的な衝撃を受け、それをきっかけに彼の中の人間が目覚めてしまうのではないでしょうか。

そして彼は人間として後悔や憎悪をまき散らし、そのせいで彼が心から愛おしいと思う今の世界が壊れてしまう。

そんな自分を責めて”フォスフォフィライトだった者”は改めて自身の破壊を望むのではないかと思います。

 

宝石の国106話ネタバレ最新話考察|金剛の兄や石たちがいなくなる

今までフォスフォフィライトが愛していたものは全て失われてきました。

愛したい、愛されたいと思っていた宝石たちはもういません。

みんなフォスフォフィライトを置いて消えてしまいました。

そのため、現在の”フォスフォフィライトだった者”が愛する金剛の兄や石たちも、彼のそばからいなくなってしまうのではないでしょうか。

何者かに破壊されたり、宝石たちと戦った時のようにフォスフォフィライト自身の手で害することもあるかもしれません。

そんな悲しい未来は望みたくないですが、これまでの展開を思うとどうしてもそのような想像をしてしまいます。

 

宝石の国106話ネタバレ最新話考察|新しい世界の橋渡しとは

過去を語り、未来に伝えることで新しい世界の橋渡し役となった”フォスフォフィライトだった者”ですが、アユム博士の残した言葉が気になります。

以前、彼女が言った「橋を燃やして」という言葉です。

この『橋』という共通の単語を思うと、橋渡し役の”フォスフォフィライトだった者”の先に待つ不穏な未来を暗示しているかのように思えます。

 

宝石の国106話ネタバレ最新話考察|石たちはどこに行った

人間の話を聞いて人間に興味を持った石たち。

そのこともあり人間や文明が発達している星になるんじゃないでしょうか。

 

宝石の国106話ネタバレ最新話考察|ほかの生物の出現

今は金剛の兄や石たちと平穏な時間を過ごしている”フォスフォフィライトだった者”ですが新しく住む星にはほかの生物が出現する可能性もあります。

それは”フォスフォフィライトだった者”にとって味方となるのか。

敵となって穏やかな世界を壊してしまうかもしれません。

そういった新たな生物が生まれてくることもあるのではないでしょうか。

 

宝石の国106話ネタバレ最新話確定!

『宝石の国』105話で起こりそうなことをまとめてみましょう。

  • 橋を燃やしフォスフォフィライトは消滅する
  • フォスフォフィライトが人間になる
  • 金剛の兄や石たちが新しい星で消える
  • 新たな生物が繁栄していく

など、何か転機が起こることは間違いないのではないでしょうか。

『宝石の国』106話が公開され次第更新していきます。

 

宝石の国106話ネタバレ最新話確定|

106話はの公開は2024年の初春予定です。

詳しい公開日などが分かり次第追記していきます。

 

まとめ

漫画『宝石の国』106話をネタバレありで考察してみました。

この作品がこのまま平穏に終わるとは思えませんよね。

今から最新話の公開が待ち遠しいです。

最新話の公開に合わせて追記していきます。

「宝石の国106話ネタバレ最新話考察!休載し2024初春」を読んでくださり、ありがとうございました。

これからも一緒に『宝石の国』を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました