「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

けだものたちの時間〜今井の正体をネタバレ!愛理との関係の最終回結末を徹底調査!

マンガ
Pocket

いまSNSで話題沸騰中の「けだものたちの時間」をご存知でしょうか?

まだ最終回は出てなくて完結はしてませんが、とにかく面白い!

主人公であるモデルの愛理とストーカーで愛理を拉致監禁した今井が繰り広げる二人の歪んだ関係がヘビーでハマる人はとことんハマります。

私もその1人です。

上手く言えませんが、今井の正体が計りきれません。

今回はそんな「けだものたちの時間」の最新話までのネタバレをしたいと思います。

もちろん、まだ見てない方もネタバレを見た上でも楽しめる作品なので、是非お付き合いください。

愛理と今井の歪みきった関係の結末はいかに。

また、今井の正体は?

最終回はまだなので、最新話までの解説をしますので、最後まで是非お付き合いください。

 

けだものたちの時間〜今井の正体をネタバレ!

今井とは、モデルである平川愛理のストーカーであり、それだけに留まらず、拉致監禁し、求婚を迫った男です。

また、同時に主人公である平川愛理の初恋の相手であり、唯一の理解者です。

そして、この今井は愛理と紆余曲折を経て最終的には、愛する愛理の手により人格が壊されペットにされてしまいます。

そうなるまでの経緯をご覧ください。

 

拉致監禁

愛理は気がつくとゴミに溢れた部屋に閉じ込められていました。

当然わけも分からず、困惑していると目の前の男から求婚されます。

それが、今井でした。

愛理は怯えながら求婚を断ると、暴力を振るわれ、次第に身体までも玩具にされ性的暴行を加えられます。

逃亡を試みるも阻まれて暴力を振るわれ、精神的に追い込まれ、次第に抵抗するのもやめてされるがままに…。

しかし、愛理は希望を捨てず、今井への忠誠心を見せ油断させて脱出する作戦を密かに企てます。

そんな生活が三ヶ月過ぎた頃、今井から意外な告白がありました。

「親から性的暴行を受けていた」

実は、愛理も中学の頃、父親から性的虐待を受けておりそれをずっと隠し続けてきました。

二人は同じ心の傷を持つもの同士だったのです。

その事をお互いに話し合い、共感し、そこから二人の関係性は大きく変わっていくのでした。

 

芽生え始める信頼関係

お互いの心の傷を打ち明けてから、徐々に心の距離が縮まる二人。

それは、今井だけではなく愛理自身も。

それを察したのか、今井は監禁中である愛理を連れ外出します。

愛理にとっては千載一遇のチャンスでした。

しかし、自由より彼と一緒にいる事を選びます。

歪んだ環境で彼女は今井に恋をしてしまったのです。

そこから月日は流れ監禁生活から半年経過していました。

この頃には、まるで本当の夫婦のように二人は仲良く暮らしていて、愛理も幸せを感じ今井を愛していました。

しかし、そんな日々も長くは続きませんでした、愛理が今井の「ある秘密」を知ってしまったからです。

 

今井の秘密

なんと、今井は愛理以外にも過去に複数の女性をさらい性的暴行を加え同じように監禁し、最後は殺害していたのです。

今井は幼少期に母親に受けた性的暴行と、苦しみを他の女性にもあじあわせる事で、亡き母親への復讐の代わりにしようとしていたのです。

偶然、愛理がその女性の遺体を見つけ今井の異常性に気付きます。

秘密がバレた今井は愛理の四肢を切り落とし、生涯自分に服従させようと襲いかかります。

しかし、彼女の反撃にあえなく惨敗。

愛理は遂に逃げることに成功します。

そこから時は流れ3年後、愛理はモデルとして成功し婚約もします。

誰が見ても順風満帆な様でしたが、彼女には秘密があり、部屋に今井が「犬」としているのです。

今井は、三年前に愛理から返り討ちにあい、逆に自分が愛する彼女の手によって四肢を切断されその際に精神を壊し、会話もできない、感情もない犬のような言葉しか発する事ができなくなってしまっていたのです。

 

けだものたちの時間〜ネタバレ〜愛理との関係の最終回結末を徹底調査!

結論、この作品は2024年5月段階では完結していません。

単行本で言うと、6巻まで発売されています。

なのでここからは、前回の続きから最新話までのネタバレをします。

愛理によって四肢を切断され人格を壊された今井と、愛理の心境の変化に注目です。

 

三人の共同生活

自分を監禁した今井を返り討ちにし、四肢を切断し、「犬」として今井の面倒見ると決めてから三年が経ち愛理は結婚します。

プロポーズした優斗は今井の事も知った上でそれを受け止め、今井も含めた三人での奇妙な共同生活を選びました。

相変わらず人間としての尊厳も、自覚も失い本当の犬のように過ごす今井に対し、愛理はかつての気持ちはなく「気持ち悪い」と吐き捨てる程、心底うんざりしています。

そんな中でも愛理と優斗の新婚生活は円滑に進み、二人は確かな幸せの中にいました。

しかし、愛理は夫である優斗に今井の面影を重ねてしまうなど、彼女の心の奥底に今井への気持ちがまだ微かに残っている様子です。

優斗はそんな愛理を今井の呪縛から解き放すことを決心します。

 

家族

優斗に対し、今井との過去は打ち明けたが、自分が性的虐待を受けていた後ろめたさから、家族の事は未だに話せてない愛理。

そんな中、愛理は優斗の実家に招待され、自分の育ってきた環境とは全く逆の温かい家族を目の当たりにして胸が苦しくなります。

彼女は、自分に性的暴行を加えた父親も、それを黙認していた母親も吐き気がする程嫌いでした。

そんな事は何も知らない優斗は自分の良心から愛理と家族の仲を取り繕うように奮闘します。

もちろん、愛理からすれば迷惑極まりないですし、それがきっかけで過去のトラウマが蘇り精神的に追い詰められていきました。

気付くと彼女は、犬である今井の部屋に1人たたずみ、唯一の理解者であった今井に会いたいと泣きながら懇願します。

すると、言葉を忘れたはずの今井が「大丈夫」と発言。

三年間彼は理性を失った演技をしていたのか、様々な疑念が渦巻くなか、愛理は考えるより先に安堵の笑みを浮かべます。

 

今井の演技と愛理の秘密

愛理の唯一の理解者である、今井と話せるようになり彼女は監禁されていた時のように再び彼に依存し始めました。

もちろん、今井の正気が戻った事は優斗には秘密にします。

しかし、必要以上に今井に対し時間を割くようになった愛理に不信感を募らせる優斗。

そんな中、なんの前触れもなく愛理の父親が亡くなったという一報が入ります。

彼女からすれば、憎しみの対象である父親がなくなり悲しむどころか喜びを感じるほどでしたが、育ちの良い優斗には全く理解できません。

しかし、皮肉にもある些細なきっかけで彼女の気持ちを理解するようになります。

それは、優斗が愛理の実家に行った際、偶然にも父親の手帳を発見します。

そこには、父親が撮影したと思われる愛理との夜の関係を写した写真が保管されていました。

これを機に優斗は愛理と父親の歪んだ関係を知るのでした。

 

優斗の決意と母親の陰謀

自分を父親の魔の手から救ってくれなかった母親に対し、葬儀中にも関わらず怒りを爆発させます。

優斗に父親との関係をしられた事で、どうすればいいか分からず、今井に助けを求め最終的に彼に背中を押され優斗に両親との過去を打ち明けます。

優斗は、愛理の思いを受け止め味方になる決意をし、二人は証拠を集めようと奮闘するのです。

しかし、それには障害がありました。

愛理の母親が証拠となる写真を処分しようと目論んでいたのでした。

 

感想

いやー。

ヘビーでしたね汗

今井と愛理の関係性が歪みすぎていて、個人的に最終回では優斗ではなく今井が愛理と結ばれる気がしますし、そうなって欲しいです。

本当に「怖いもの見たさ」という表現がよく合う作品だと思います。

読みながら気分を悪くしても、つい続きが気になって読んでしまうんですよね笑

 

まとめ

いまSNSで話題の「けだものたちの時間」のネタバレはいかがだったでしょうか?

私は話がヘビーすぎて胃もたれ起こしそうでした笑

愛理と今井の歪んだ関係や、今井の正体。

二人の曲がった愛が終着する結末はいかに。

最終回はまだ出ていないので、最新話までのネタバレでした。

これを機にまだ見てない人は是非ご覧ください。

普通の恋愛ドラマに飽きて、スリルやスパイスを求める方におすすめです。

愛理と今井の関係が歪みすぎてスパイス強めですが、本当に面白いのは間違いありません。

また、今井の正体にも注目です。

最終回早く出ないかな…。

結末が楽しみです。

「けだものたちの時間」最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました