「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

ボンクレーは生きてる?その後の再登場はインペルダウンを脱獄して麦わら海賊団の傘下加入か!

ボンクレーは生きてる?その後の再登場はインペルダウンを脱獄して麦わら海賊団の傘下加入か! ワンピース
Pocket

ワンピースに登場するボンクレーは生きているのか!

アラバスタ編で登場し、ルフィと友情を育み「ダチを助けるため」と自らが体を張り海軍から逃がしていました。

その後もルフィたちを逃がすために1人犠牲になりました。

インペルダウンでマゼランに睨まれたため死んだのではないかとも思われました。

もしかしたら今後、元七武海である彼と再登場なんてことがあるかもしれませんね。

今回は「ボンクレーは生きてる?その後の再登場はインペルダウンを脱獄して麦わら海賊団の傘下加入か!」を紹介していきたいと思います。

 

ボンクレーは生きてる?

インペルダウンの看守であるマゼランとの戦いに敗れ、死んでしまったのではと噂されたボンクレーですが666話の扉絵で再登場します。

顔が出ているわけでは無いのですが、背中に「梵」と書かれたコートを着ている様子からもボンちゃんであることに間違いはないでしょう。

その時の扉絵の紹介文が「インペルダウンLEVEL5.5番地ニューカマーランド新女王ボン様」となっていました。

なんと生きていただけでなく、イワンコフの後を継いで新女王になっていたんですね。

とても元気そうに踊っている様子が描かれていたので、マゼランからなんとか逃げ切ったのでしょう。

 

ボンクレーの登場シーン

ボンクレーは、ワンピースの物語の中に大きく分けると2回登場しています。

初回の登場からとても印象に残るキャラでしたね。

自分のことを「あちし」と呼び「ジョーダンじゃなぁいわよーう」が口癖でした。

そして、そのコスチュームは白鳥のコートに「オカマ道(ウェイ)」と書かれていましたね。

そんなボンクレーの登場から、今までを紹介していきます。

 

初登場はアラバスタ編

ワンピースの本編アラバスタ編で、バロックワークスというクロコダイルが裏で率いていた組織がありました。

その組織のナンバーズという幹部としてボンクレーは所属していましたね。

バロックワークスでは、男女で1ペアになっていましたがボンクレーだけは「Mr.2ボンクレー」として一人で活動していました。

実は本名も発表されていて「ベンサム」というんですが、ボンクレーが馴染みすぎていて今や誰も本名を呼ばない様ですね。

最終的にはルフィにもボンちゃんと呼ばれていました。

アラバスタ編では、サンジとの戦闘シーンがありました。

オカマ拳法という武道を使いこなし、当時のサンジと互角に戦っていましたね。

最終的には、サンジが勝利を収めました。

そんな戦闘力もあるボンクレーは、ワンピースのキャラの中でもと義理人情に厚い性格をしています。

アラバスタ編の最後の登場では、オリオリの実の能力者である海軍のヒナに捕えられインペルダウンに収容されることになります。

 

再会のインペルダウン編

アラバスタ編が終わったその後はどうなったのかは、描かれていませんでした。

誰もが存在を忘れかけていた時に、インペルダウン編で再登場します。

世界一の海底大監獄のLEVEL3に収容されていましたが、ルフィが兄であるエースを助けたいという話に協力します。

インペルダウン看守のマゼランのドクドクの実の能力にやられたルフィを助けるために、奇跡の人イワさんを探します。

イナズマに拾われて、ニューカマーランドへ連れて行ってもらえたボンクレーはルフィを救ってくれるう様に奇跡の人イワさんに土下座しました。

そのおかげで、ルフィも回復しインペルダウン脱獄という悪行を成し遂げます。

脱出の際にはマネマネの実の能力を使い「正義の門」を開けさせ、またもや体を張って囮としてインペルダウンに残る決断をします。

最後にマゼランと戦闘になるシーンが描かれているだけだったので、この時点で死んでしまったのではないかと言われていました。

 

ボンクレーの再登場はインペルダウンを脱獄して麦わら海賊団の傘下加入か!

インペルダウン編のその後、新女王として生きていることがわかったボンクレーですが再登場の可能性はあるか考察していきましょう。

ワンピースの本編で2回登場しているボンクレーなので、再登場の可能性もありそうですよね。

果たして、ボンクレーはどのようにして再登場するのでしょうか。

再登場の際にはルフィの友達として、インペルダウンの新しい仲間たちと一緒に麦わら大船団の仲間入りする可能性もありそうですね。

 

ボンクレーと手を組む海賊たちは?

結論から言いますと、ボンクレーは自力単独でインペルダウンから脱獄をするのではなく、収監されている元七武海たちと結託する可能性が高いです。

現在のインペルダウンの署長は2年前まで副署長を務めていたハンニャバルに任されています。

強力な毒毒能力を持っていたマゼランは署長のポストを退き、インペルダウンの警備レベルは以前より低下していることでしょう。

ですが、インペルダウンには獄卒獣がいたり、新規のネームド警備キャラが追加されている場合、ボンクレーやニューカマーたちだけでの脱獄は難しそうです。

そこでボンクレーはインペルダウンに収監されている強大な海賊たちと徒党を組んで脱獄を図るのではないかと予想します。

そして、そこでスポットライトを当てられる海賊たちは過去に登場したキャラになるでしょう。

ボンクレーと共に再登場する可能性があるのは、元王下七武海のドフラミンゴやその傘下であるファミリーなどです。

他にも、インペルダウンに収監されていると明言はされていませんが、元王下七武海のウィーブルもここで再登場すると思います。

またドフラミンゴとウィーブルにはまだ回収されていない伏線があるので、それを考慮すると、やはり再登場する可能性が高いです。

 

ドフラミンゴは脱獄する?

現在インペルダウンには、元七武海であるドフラミンゴが捕まっています。

ドフラミンゴに殺し屋が迫っている様な描写がありましたが、その後のことはまだ描かれていません。

もしかしたら、ボンクレーは新女王として元七武海であるドフラミンゴと協力して脱獄するかもしれません。

ルフィたちがワンピースに辿り着く前の大きな戦いで、ドフラミンゴと再登場する可能性もありそうですね。

 

未解明の伏線

ドフラミンゴにはまだ明かされていない重要な伏線が残っています。

その伏線というのは、ドフラミンゴがマリージョアに秘匿されている謎の秘宝について何かを知っているというものです。

マリージョアの秘宝が何なのかは作中において依然謎のまま放置されています。

その謎が作中で解明される時には、ドフラミンゴが再登場する絶好の機会になるはずです。

そして行く行くはボンクレーと共にインペルダウンからシャバへと躍り出てくることになるでしょう。

 

ドンキホーテ・ファミリーも登場する?

インペルダウンにはドンキホーテ・ファミリーも一緒に投獄されていると思われます。

インペルダウンに収監されているであろうファミリーたちは以下の通りです。

  • ディアマンテ
  • トレーボル
  • ピーカ
  • シュガー
  • セニョールピンク
  • ラオG
  • ジョーラ
  • デリンジャー
  • バッファロー
  • グラディウス
  • マッハ・バイス

中でもセニョールピンクはインペルダウンに収監されていることが明言されています。

エッグヘッドでベガパンクがセラフィムジンベエのスイスイ能力を説明する際に、インペルダウンにセニョールピンクがいることを明かしています。

わざわざ明言しているのを考えると、ドフラミンゴが脱獄する時、セニョールピンクを筆頭に他の幹部たちも一緒に続いて再登場する可能性が濃厚です。

セニョールピンクは幹部陣の中でも一際人情味があり、人気が高いですから再登場したら喜ぶファンは多いと思いでしょう。

 

ウィーブルはインペルダウンにいる?

おそらくウィーブルは、現在インペルダウンに収監されている可能性があります。

それまでウィーブルはバッキンと一緒に白ひげの故郷、スフィンクスを守っていました。

しかし、その後ウィーブルは鬼ヶ島から帰還途中の緑牛によって囚われてしまったようです。

バッキンは、ウィーブルが「監獄」に連れて行かれたと言っていました。

ちなみにバッキンはインペルダウンとは言っていません。

ですが元王下七武海で自称白ひげの息子を名乗るウィーブルを収監するならば、インペルダウン以外に他はないでしょう。

ウィーブル自体、その強さや出生が未だ謎に包まれた存在です。

今後活躍する機会が設けられるとしたら、インペルダウンで脱獄劇を繰り広げる場面が挙げられます。

ボンクレーやドフラミンゴが脱獄するという展開が起こった場合、ウィーブルもその中に加わって真の力を発揮するはずです。

さらに作者自身がウィーブルは予想外のキャラと一緒に活躍して、凄く盛り上がる展開になる、と語っていました。

もしかしたら、そのキャラがボンクレーになるのかもしれません。

これは期待が高まりますね。

 

インペルダウンには他に誰がいる?

インペルダウンには強力な囚人が他にも収監されていると考えられます。

例えば、百獣海賊団幹部のキングやクイーンです。

二人は緑牛に戦闘不能状態にされました。

その後どうなったかは分かりませんが、おそらくインペルダウンにいる可能性があります。

ただし、キングは希少なルナーリア族であり、セラフィムの研究材料でもあるので別の研究機関にいるかもしれません。

二人がインペルダウンにいる場合、ボンクレーはこの二人にも接触するということが考えられます。

 

ボンクレーはいつ脱獄する?

また当時捕まっていた時のイワンコフがインペルダウン脱獄計画を立てる時に、まだ時ではないと言っていました。

もしかしたら時が来たら、脱獄の手段がある可能性もありますよね。

ボンクレーがもし革命軍の所属になっていたら、イワンコフから何らかの指示がある可能性がありますね。

イワンコフの要請に応じて、新女王として部下や仲間を率いて脱獄する未来もあるかもしれないです。

 

ボンクレーが麦わらの一味に仲間入り

ボンクレーがインペルダウンから大海賊軍団を率いて仲間入りする可能性もありますね。

ボンクレーだけが仲間入りするのか傘下として大海賊軍団として入るのか楽しみですね。

 

まとめ

ここまでワンピース原作に登場したボンクレーの紹介をして来ました。

アラバスタ編のその後は、インペルダウン編で登場していましたね。

新女王として生きていたことが分かったので、世界一の海底大監獄をまた脱獄するなんてその後の登場の仕方もあるかもしれません。

元七武海のドフラミンゴと手を組んで、脱獄する未来があるかもしれないですね。

とても良いキャラなので、個人的には再登場を希望してしまいます。

新女王として新たな口癖が増えているかもしれないので、再登場の時にはそれも期待したいです。

今後、義理人情に厚いボンちゃんとしての姿が見られる展開になるのを楽しみにしています。

今回は「ボンクレーは生きてる?その後の再登場はインペルダウンを脱獄して麦わら海賊団の傘下加入か!」を紹介と考察してみました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました