「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

ワンピース中将強さランキング!弱いキャラと死亡したキャラも調査!

ワンピース
Pocket

今回、我々はワンピースという作品の中で、中将というポジションに位置するキャラクターたちの強さに焦点を当て、そのランキングTOP10にしました。

ワンピースの世界において、海賊団や世界を脅かす悪党たちを取り締まる使命を担うのは、海軍です。

海軍は全世界に支部を持ち、特に新世界側の海域には海軍本部が存在します。

そして、強さの中でも特に注目されるのが、元帥や大将といったトップランクのポジションを占める人々ですが、今回の焦点は中将たちに当てられています。

中将たちの間でどのキャラクターが強いのか、そのランキングを発表していきます。

反対に弱い中将は誰なのかも気になりますよね。

また『ONE PIECE』という漫画作品では、キャラクターたちが死亡することは非常に稀にですがありますよね。

物語も終盤に差し掛かり戦いも激しくなってきているため弱いキャラクターは死亡していく可能性が高いです。

この記事では、その死亡キャラクターたち引いては弱いキャラクターについても紹介していきます。

 

ワンピース中将強さランキング!

以下では、ワンピースの中将の力のランキングトップ10を紹介します!

 

1位 モンキー・D・ガープ

海軍本部中将であるモンキー・D・ガープです。

ガープ中将は、主人公ルフィの祖父であり、革命軍のリーダーであるドラゴンの父でもあります。

ガープ中将はコビーやヘルメッポの師匠であり、これらの新人時代の海軍兵士を部下のボガードと共に育て上げました。

そのため、ガープ中将は海軍内でゲンコツとしても知られ、海軍の英雄としての地位を確立しています。

 

2位 桃兎

海軍本部中将のギオン。

彼の身長や能力についての詳細情報は不明ですが、彼もまた茶豚と同じく、単行本に掲載されている質問コーナー(SBS)にて、読者からのお便りで誕生したキャラクターです。

興味深いことに、ギオンは映画『FILM GOLD』において少しだけ登場し、本編でも重要な役割を果たしました。

彼の登場は、単行本と映画という異なるメディアでの活躍がファンに注目され、期待されている要因となっています。

 

3位 茶豚

こちらは、海軍本部中将であるトキカケについての情報です。

彼の身長や能力については不明ですが、彼は単行本に掲載されている質問コーナー(SBS)にて、読者からのお便りで誕生したキャラクターです。

興味深いことに、トキカケのキャラデザインは映画『男はつらいよ』に登場する寅さんにインスパイアを受けたものとされています。

このような背景から、トキカケのキャラクターは独自の魅力を持ち、ファンからの支持を受けています。

 

4位 ヴェルゴ

海軍GL(グランドライン)第5支部中将であり、同時にドンキホーテファミリーの幹部でもあるヴェルゴ。

彼はドフラミンゴの命に従い、海軍へのスパイとして潜入した経歴を持っています。

ドンキホーテファミリー内で最高幹部の一人としての地位を築き、部下たちからの厚い信頼を受けています。

パンクハザード編において、部下たちの前に姿を現した際には、彼の存在が安心感をもたらすほどです。

ヴェルゴ中将の特異な経歴と存在感は、彼がどれだけ影響力を持つ人物であるかを示しています。

 

5位 おつる

海軍本部中将であるつる。彼女は「大参謀」として知られ、指示を出したり、兵を指揮する力に長けています。

彼女はその優れた戦術的な洞察力とリーダーシップにより、海軍内で高い評価を受けています。

彼女の存在は、海軍内での指導力と平等なチャンスの確保において、重要な役割を果たしています。

 

6位 モモンガ

海軍本部中将であり、さらに海軍GL第1支部基地長も務めるモモンガ。

彼は特徴的な口ひげを持ち、その冷静かつ真面目な性格から、部下からの信頼も厚い存在です。

頂上戦争編において、六式と呼ばれる特殊な技術を駆使して戦う場面が描かれました。

彼の冷静沈着な姿勢と六式の運用により、彼の指導の下での海軍GL第1支部は、非常に効果的に運営されています。

 

7位 スモーカー

海軍GL(グランドライン)第5支部中将であるスモーカー。

スモーカーは自然系(ロギア系)の悪魔の実、モクモクの実の能力者であり、その能力を駆使して自身の体を煙に変えることができます。

スモーカー中将のモクモクの実による煙を駆使した能力は、彼を強力な敵として認識させ、その存在感を際立たせています。

 

8位 ストロベリー

海軍本部中将であるストロベリー。彼は非常に特異な外見をしており、その特徴は長い髪と長い髭です。

戦闘においても優れたスキルを発揮し、2本の刀を巧みに使います。その髭を振りかざし、刀を操る彼の戦闘スタイルは、海軍内でも一目置かれています。

ストロベリー中将の存在は、その風貌と戦闘力から多くの注目を浴びています。

 

9位 ドーベルマン

海軍本部中将のドーベルマン。

彼は特異な特徴として、顔中に傷を抱えています。

海賊を捕らえるためには味方を含む犠牲を厭わないという強い信念を抱いています。

 

10位 オニグモ

10位は海軍本部中将のオニグモ。

彼は長い髪が印象的な海兵で、髪の形状や動きを自在に変化させる謎の能力を持っています。

その髪の毛を腕のように駆使し、8本の刀を使った戦闘スタイルが特徴です。

彼の正体や能力についてはまだ不明な点が多いが、その謎めいた存在感は確かに注目に値します。

 

ワンピース中将の弱いキャラと死亡したキャラも調査!

こちらからは、ワンピースの中将クラスの弱いキャラクターや死亡したキャラクターについて紹介していきます!

 

「海軍本部」において「中将」のポストを務めるメイナードの情報は、誕生日が5月7日以外は全く不明という点で謎に包まれています。

彼は上司である大将の藤虎の陰に隠れがちですが、その実力はかなりのものであるようです。

外見的には男っぽい荒々しい容姿が特徴で、一見すると荒くれ者のようにも見えます。

同じく「中将」のバスティーユに怒られるシーンがあるなど、見かけによらずおっちょこちょいな一面もあるようです。

メイナードのキャラクターは、その複雑な一面からさらなる探求の余地があるようです。

 

 ラクロワ

ラクロワは、大海賊時代として知られる海の均衡を維持する三大勢力の一つであります。

しかしながら、原作においてはほんのわずかな登場しか果たしておらず、プロフィールについてはほとんど情報が明らかにされていません。

一部のキャラクターからは「巨人族なんだよな…」と評されており、その巨人族の出自に関しては、あまり高く評価されていない可能性が示唆されています。

ラクロワの正体と背後に隠された物語は、ファンにとって興味深い要素の一つとなっています。

 

ロンズ

ロンズ中将は、ワンピースの世界において海軍本部に所属する中将のキャラクターです。

特徴としては、非常に大きな体格とT字型の穴が開いた仮面が挙げられます。

しかし、ロンズ中将はモブキャラクターであり、その詳細なプロフィールは明かされていません。

その一方で、巨人族であることが判明しており、海軍本部で巨人族だけの部隊を指揮しています。

尚、彼は作中で目立った活躍を見せておらず、モブキャラクターとしての位置づけが変わっていません。

ロンズ中将は頂上戦争編の第550話に初登場し、白ひげ海賊団との戦闘を繰り広げます。

しかし彼は白ひげに対して短い瞬間で敗れ、その後の登場が見られなくなりました。

 

バスティーユ

バスティーユは、ワンピースの世界における巨人族の中将ですが、巨人族としては比較的小柄な体格を持っています。

彼は特徴的な仮面を顔に付けており、「鮫切包丁」と呼ばれる巨大な刀を使用することから、「鮫切りバスティーユ」という異名を持っています。

作中では彼がドレスローザで革命軍のサボと戦った際の活躍が描かれており、その戦闘では武器と仮面が破壊されるという試練に直面しました。

 

ステンレス

彼の髪型はオールバックで、特徴的な細長い口髭を持っています。

アニメでは、その独自の髭から「カイゼルヒゲ」という愛称が生まれ、東映公式ページのキャラクター紹介でもこの名前で紹介されています。

彼は覇気を体得し、頂上決戦のような過酷な状況でも立ち向かうための高度な剣術の技術を持っています。

 

キャンサー

このキャラは、世界の均衡を維持する三大勢力のうち、海軍本部に所属しており、中将の階級を持っています。

そのため、武装色や見聞色の覇気を体得している可能性が高いと考えられますが、残念ながら戦闘スタイルについての具体的な描写は存在しません。

彼の髪型はオールバックで、眼鏡をかけているという特徴を持っています。

また、葉巻を吸っている場面も描かれており、喫煙者であることがうかがえます。

 

エッグヘッドの9人の中将

エッグヘッドを取り囲んでいる戦力は、黄猿を中心に9人の中将になります。

9人の中将の顔は出ていますが、ドーベルマン中将、ドール中将、カダル中将の三人以外は、名前が判明していない状況です。

ここからは中将について、解説していきます。

 

ドーベルマン

ワンピース強さランキング!でも紹介したドーベルマン中将がここでも登場しています。

特徴を深堀すると、顔中に傷を抱えている以外にも左目が視力を失った白目であり、幾多の歴戦を経験してきたと思わせる非常に印象的な姿をしています。

アニメでは規制が強いせいか、初登場時では帽子の陰で左目が隠れており、それ以降は両目を普通に描かれています。

単行本44巻 第420話『バスターコール』にて海兵達の指揮をする中将の一人として、初登場しています。

武装色、見聞色などの覇気を体得していて、頂上決戦を乗り切るだけの力をもっています。

サカズキに近い、悪人や海賊を滅するためには犠牲を厭わない強い信念を持っていますが、アニメ劇場版Zではゼファーに対して元教え子としての恩義の感情をみせていました。

悪人でも恩師ということを忘れず、サカズキのように必ずしも非情ではないように描かれています。

 

ドール

腕全体に猫の模様のタトゥーが彫られ、首に棘の付いたチョーカーとパンクな格好をした女性将校になります。

オーストラリア出身のシンガー兼ギタリストのブロディ・ドールがモデルと言われていますが、腕の猫の模様からワンダーウーマンのチーターではないかとも言われています。

コビーが攫われた際に、たしぎに気兼ねなく話しかけたり、懇願され『ヘルメッポのクソガキさぁ…!!』と言うなど彼らとも交流があるようにみえます。

子供達が安心できるように、基地に風船をつけたりと心配りもできる優しい面も見られます。

またベガパンクの研究所が近くにあることを考えると、彼の監督者に近い立場にあるのかもしれません。

シーザーの実験で巨大化した子供達を元に戻れるまで保護していましたが、軍の要請を受けエッグヘッドに出動しました。

原作内で強力な蹴りを入れているところから、人体を武器に匹敵させる武術、六式つかいの可能性は高いと思います。

腕の模様から猫の動物経験悪魔の実を食べていることも考えられますが、すでに豹人間のロブ・ルッチがいるので、豹以外のモデルが登場するかもしれません。

 

カダル

魚人島編の回想に初登場した海兵です。

15年前タイヨウの海賊団に挑みましたが、フィッシャー・タイガーに返り討ちにされ、あっさりと船を落されてしまいました。

9人の中将の顔が掲載されたページで、カダル少将らしき人物の顔があります。

もしこの人物がカダルであれば、初登場時の海軍G-2支部のときには少将でしたが、今回中将として登場しているので昇進して現在の立場になったのでしょう。

カダル少将は百獣海賊団飛び六胞のフーズフーの海軍時代と噂がありました。

フーズフーはジンベエと因縁があるような様子を見せたり、オリジナルの技を持つほどの六式使いです。

そのため正体の候補にあがっていましたが全くの別人だと判明しています。

 

ブルーグラス

エッグヘッドで初登場したブルーグラス中将。

いかなるものも乗り物にして操るノリノリの実のドライブ人間。

ブルーグラス本人が乗っている一体しか操れないようですが乗ってしまえば自分より強いものも操れるようです。

能力を無効にするほどの覇気を有する者は操れないなどの縛りはありそうです。

 

ラッコ中将?

エッグヘッドで初登場の貝の武器を使いラッコハンマーという技でボニーを攻撃した中将。

ゾオン化しているのでゾオン系のモデルラッコだと思われます。

名前や能力が分かり次第追記していきます。

 

他の中将たち

他の中将たちは名前が判明しておらず、過去に登場した人物と酷似していないため、現在謎に包まれています。

他の中将たちは、過去のバスターコールやマリンフォード頂上決戦でも見かけたことがないキャラクターになります。

特にマリンフォード頂上決戦では中将以上は全員参加であるため、見かけているはずなのです。

見かけていないのは参加していたが描かれていなかっただけなのか、頂上決戦時以降に中将でになったのかと考えられます。

中将の中には頂上決戦で活躍したり、それ以外の功績を称えられるなどの実力で中将になったと考えられます。

高い戦闘力があるのは間違いありませんが、頂上決戦時以降海兵が不足しやむを得ず中将に格上げされた場合、戦闘力が伴わない可能性もあります。

しかし黄猿が戦力として引き連れているので、戦闘力が伴わないことはなさそうです。

具体的な戦闘シ-ンは描かれていなくて活躍が気になるところですが、物語が進むにつれ、段々と活躍のシーンが増えていくと思います。

 

まとめ

ワンピースという作品において、中将たちの強さにフォーカスし、そのランキングTOP10を検証しました。

ワンピースの世界で、海軍は世界を守るための要として活躍します。

そのなかでも中将たちは注目の的。彼らの中で最も力強いキャラは誰だと思いますか?

中将たちの間でどのキャラが最も強力であるのか、弱いのか、そのランキングを発表していきました。

ワンピースはキャラたちは強さが描かれ死亡はまれですが、物語が進むにつれ、その傾向が変わりつつあります。

この記事では、作中で亡くなったキャラ引いては弱いキャラにも焦点を当てて整理していきました。ワンピースファンにとって、これらの情報は貴重なものでしょう。

中将たちの戦闘力や魅力、そして死亡キャラたちの重要性について議論を深め、ワンピースの世界に新たな視点を提供します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました