「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

ボルトがつまらない理由はなぜ?面白くない面白くなってきたのレビューを紹介!

マンガ
Pocket

「BORUTO-ボルト-」は、岸本斉史の人気漫画「NARUTO-ナルト-」のスピンオフ作品で、うずまきボルトが主人公です。

物語の舞台は、「NARUTO-ナルト-」の第四次忍界大戦から15年後の時代で、木ノ葉隠れの里は平和とともに近代化が進展しています。

しかし、主人公ボルトは「火影の息子」としての期待と偏見に直面します。

彼はその特異な性格で偏見を跳ね飛ばし、新しい仲間たちとともにさまざまな謎の事件に立ち向かいます。

「BORUTO-ボルト-」は、アクションとバトルが豊富に盛り込まれた作品で、ボルトが疾風のように駆け抜ける姿が印象的です。

一部の評価では「ボルト」「なぜつまらない?」といった言葉が見受けられますが、その理由や評価はさまざまです。

視聴者の口コミも豊富にあり、アニメの魅力や面白い事について議論が広がっています。

アクションバトル好きにはおすすめの作品と言えるでしょう。

今回はボルトがつまらない理由はなぜ?面白くない面白くなってきたのレビューを紹介!を徹底調査しました。

 

ボルトがつまらない理由はなぜ?

ここではボルトがつまらないと言われる理由はなぜなのか解説していきます。

 

「BORUTO」の人気不振の理由と批判点

「BORUTO」が人気不振に陥っている理由と、批判点についてまとめましょう。

  •  蛇足感がある
  • 強さのインフレ
  • 作者交代

 

蛇足感がある

「NARUTO」は物語を綺麗に結末を迎えましたが、それにもかかわらず「BORUTO」では新たな敵や危機が連続して登場し、物語が続けられていることが蛇足に感じられているようです。

読者は「NARUTO」の終わり方に満足しており、新たな敵との戦いに飽きているかもしれません。

 

強さのインフレ

「BORUTO」ではキャラクターの強さがインフレしており、特に主要キャラクターの子供たちが非常に早い段階で強力な能力を習得しています。

これにより、物語の緊張感やキャラクターの成長が希薄に感じられることが批判されています。

また、ナルトやサスケが苦戦する敵が度々登場し、ファンには不満が生じています。

最初から強い主人公に感情移入しづらいのが大きいようです。

成長に力を入れるとナルトと同じになってしまうため変化をつけたかったのかもしれません。

 

作者交代

脚本家が岸本先生から小太刀右京先生に変わったことが、「BORUTO」に対する批判を引き起こしました。

小太刀右京先生の作品「サムライ8」が評判が悪かったことから、岸本先生の「BORUTO」への復帰を求める声が多く上がり、読者からの不満を招いたようです。

これらの要因が人気不振につながっている可能性があります。

しかし、新たな展開やキャラクター成長の可能性もあるため、今後の作品の進化に期待が寄せられています。

 

「BORUTO」が批判される理由を深掘り

「BORUTO」が批判される理由を詳しく深掘りをし、以下にまとめてみましょう。

  • ボルトのキャラクター
  • ストーリーの薄さ
  • スピード感と迫力の不足
  • ナルトの劣化版との比較
  • 科学忍具や子供キャラクターの強さ

 

ボルトのキャラクター

ボルトはナルトの息子として登場し、ファンからはナルトの生き様や価値観を引き継ぐキャラクターと期待されました。

しかし、ボルトのキャラクターがナルトとは異なり、それが期待を裏切る要因となっています。

 

ストーリーの薄さ

ナルトの物語はワクワク感や緊迫感があり、多くのバトルが展開されました。

しかし、「BORUTO」ではワクワクするバトルが少なく、ストーリーが薄っぺらく感じられ、続きを見る魅力が乏しいとの批判があります。

 

スピード感と迫力の不足

ボルトの物語にはスピード感や緊迫感が欠けており、迫力を感じにくいとの声があります。

 

ナルトの劣化版との比較

ボルトがナルトの劣化版として描かれていると感じるファンもおり、これが不満の一因とされています。

 

科学忍具や子供キャラクターの強さ

「BORUTO」では科学忍具や子供キャラクターたちが最初から強力であることが描かれており、これが前作のナルトの世界観を壊すと感じるファンがいます。

これらの要因が、批判される理由として挙げられています。

一部のファンからは前作「NARUTO」と比較して物足りなさを感じているようです。

 

ボルトが面白くない面白くなってきたレビューを徹底調査!

https://twitter.com/nam2BZ1AkvymBoh/status/1659674883880779778

ここではボルトがつまらない面白いの口コミを徹底調査します。

 

ボルトの面白くないレビュー

非難の声が多く聞かれることは、続編やスピンオフ作品にはよくあることですね。

ボルトに関しても様々な意見がありますが、それぞれの視聴者やファンにとって、作品の評価は主観的であり、好みによって異なります。

また、「サムライ8」についても評判が芳しくなかったようですが、これもまた個人の好みによる部分が大きいでしょう。

新たな作品には期待と不安が交錯することがよくありますが、どの作品も一定のファンベースを持っており、一部の批判的な声だけで全体を評価するのは難しいことです。

自分の好みに合った作品を見つける楽しみも、アニメや漫画の魅力の一つですね。

 

ボルトの良い口コミ1:面白くなってきた!

「BORUTO」には面白くなってきたというポジティブな声も多く寄せられています。

特に、前作「ナルト」のキャラクターたちが再登場することが楽しみとされています。

  • ナルトの登場が楽しい
  • 懐かしさが楽しい
  • ナルト達の大人姿が感動的

 

ナルトの登場が楽しい

「ボルト」では前作「ナルト」で活躍したキャラクターたちが再登場し、その姿が楽しいと評価されています。

ナルトやサスケなどのキャラクターが過去に飛び、ボルトと共闘するエピソードは特に面白いとされています。

 

懐かしさが楽しい

「ナルト」のファンにとって、再び登場するキャラクターたちを見ることは懐かしく、喜ばしい瞬間として受け入れられています。

特に、サスケやサクラなどが登場すると、視聴者にとっては面白さが倍増するようです。

 

ナルト達の大人姿が感動的

大人になったナルト達の姿を見ることが感動的で、視聴者の涙を誘う瞬間とされています。

友情や成長が描かれている姿に、多くのファンが共感しています。

これらのポジティブな声から分かるように、前作「ナルト」のキャラクターたちの再登場や、彼らの成長が「BORUTO」の魅力の一部として高く評価されています。

ボルトの良い口コミ2:日常パートがほのぼのしていて面白い

アニメ「ボルト」の日常回が、ほのぼのしていて楽しいという肯定的な声が多く挙がっています。

このアプローチは、前作「ナルト」に比べて派手な忍術合戦やバトルが少ないため、キャラクターの心情や人間関係が深く掘り下げられていることから、視聴者はキャラクターに感情移入しやすく、楽しむことができると評価されています。

  • 親世代のまったりとした様子が楽しい
  • 子供達の可愛らしさと大人組との絡みが面白い
  • 日常や家族愛や友愛が描かれて楽しい
  • ナルト世代の平和な生活が楽しい
  • 登場人物の成長が見応えがある

 

親世代のまったりとした様子が楽しい

アニメ「ボルト」では、前作ではあまり見られなかった親世代のキャラクターたちが、のんびりと過ごす様子が描かれており、それが楽しいと感じる視聴者がいます。

 

子供達の可愛らしさと大人組との絡みが面白い

子供たちの生意気な一面を含めて、登場キャラクターたちが可愛らしいと評価されています。

また、子供たちと大人組の絡みも面白い要素として挙げられています。

 

日常や家族愛や友愛が描かれて楽しい

アニメ「ボルト」は日常や家族愛、友愛が重要なテーマとして描かれており、これらが視聴者に楽しさを提供しています。

 

ナルト世代の平和な生活が楽しい

ナルト世代のキャラクターたちが平和な生活を過ごす姿を見ると、視聴者は笑顔がこぼれると評されています。

 

登場人物の成長が見応えがある

キャラクターの成長過程が描かれており、これが見応えがあると評価されています。

また、ほのぼのした日常回も楽しいと感じる視聴者が多いようです。

これらの評価から分かるように、アニメ「ボルト」の日常パートが視聴者に愉快なエンターテインメントを提供しており、その要素が楽しいと感じられているようです。

 

アニメ「ボルト」おすすめの方

アニメ「ボルト」は、主に以下の人々に向いています:

  • 「ナルト」のファン
  • 家族や友情をテーマにしたストーリーを好む人
  • キャラクター成長物語を楽しむ人

 

「ナルト」のファン

以前に「ナルト」を楽しんだ人々にとって、新たな章で登場するキャラクターたちの成長や、過去のキャラクターたちのその後を見ることは魅力的で、懐かしい思い出がよみがえるでしょう。

 

家族や友情をテーマにしたストーリーを好む人

アニメ「ボルト」は、日常パートにおいて家族や友情の絆が描かれており、ほのぼのとしたシーンが多いため、家庭向けの要素も含まれています。

 

キャラクター成長物語を楽しむ人

登場キャラクターたちの成長や冒険が描かれるので、キャラクターの成長を追いたい人に向いています。

ただし、前作「ナルト」とは異なる要素も含まれており、個々の好みによる部分もあるため、全ての人に向いているわけではありません。

しかし、特に「ナルト」のファンや家族向けの作品として、多くの視聴者に楽しんでいただけるでしょう。

 

まとめ

今回は、「BORUTO-ボルト」がなぜつまらないのかの理由、そしてその今後に期待を寄せてみました。

私も「NARUTO」に夢中になり、全巻を集めた熱心なファンでありながら、「BORUTO」は最初の内は楽しんでいたものの、途中から徐々に興味を失ってしまいました。

しかし、ネット上の口コミやアニメの進化を見ると、「BORUTO-ボルト」は以前よりも面白い状態になってきているようです。

岸本先生から作者が変わり、新しい展開が期待されています。

これから「BORUTO」はますます魅力的になる可能性が高そうですね。

私も少しずつ再び「BORUTO-ボルト」に目を向けるつもりです。

新たなストーリーやキャラクターの成長に期待が膨らみます。

今回はボルトがつまらない理由はなぜ?面白くない面白くなってきたのレビューを紹介!を徹底調査しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました