「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

ギヴン由紀が死んだ理由はなぜ?真冬との関係や喧嘩の原因も解説!

ギヴン由紀が死んだ理由はなぜ?真冬との関係や喧嘩の原因も解説! マンガ
Pocket

ギヴンの由紀が死んだのは真冬との喧嘩が理由なのか?

なぜだって、気になる方が多いと思います。

何が原因となって由紀は死んでしまったのか。

作品の中では語られていないので余計に気になっちゃいますよね。

大事な話なのに正式に公表されていない2人の関係を知る心の準備はいいですか?

とゆうことでギヴン由紀が死んだ理由はなぜ?真冬との関係や喧嘩の原因についてかきました。

 

ギヴン由紀が死んだ理由はなぜ?

ギヴンで由紀が死んだ理由は語られていませんが、死因は大量の飲酒後にした首吊りです。

実際にはギブンの漫画やアニメでは由紀の死についての決定的な説明はないです。

そのためかいろいろな説が出ています。

いろいろな説をまとめました。

  • 首吊り自殺
  • 急性アルコール中毒
  • 飛び降り自殺

1つずつ解説していきます。

 

首吊り自殺

死んだ理由が首吊り自殺だと言われている原因は学校での噂話と回想シーンからきています。

第1話の冒頭のシーンで由紀のことと思われるセリフがありました。

笠井「佐藤君さ、同じ中学の男子と付き合ってたらしいよ」

これって由紀のことですよね?

笠井「しかもその相手、去年突然自殺したって」

由紀は自殺だと広まっているようです。

由紀の部屋での回想がシーンがあります。

部屋には由紀が飲んだと思われる大量のお酒が転がっていました。

真冬が見上げてる描写があり、その時の表情から由紀の首吊りを見てしまったのだとわかります。

漫画では描かれていなかったのですがアニメでは縄と椅子が倒れている描写がありました。

 

急性アルコール中毒

死んだ理由として急性アルコール中毒があげられています。

急性アルコール中毒と言われてる原因は「飲めないお酒を大量に飲んでいた」というセリフにあります。

飲みすぎ→急性アルコール中毒となっています。

その他の意見で自殺だと悲しすぎるから急性アルコール中毒のほうが真冬が救われるともありました。

アニメでは首吊りを示唆するシーンもあり急性アルコール中毒ではないと言われています。

アニメ化される前は情報が少なく急性アルコール中毒とも言われたようです。

 

飛び降り自殺

死んだ理由として飛び降り自殺との意見もありました。

第1話の冒頭のシーンで由紀の自殺についてだと思われる会話がありました。

笠井「佐藤君さ、同じ中学の男子と付き合ってたらしいよ」

これが真冬と由紀のことにあてはまってますね。

笠井「しかもその相手、去年突然自殺したって」

会話の内容から由紀が死んだ理由は自殺だと広まっているようです。

このセリフだけで飛び降り自殺を連想しただけで飛び降り自殺の可能性は低そうですね。

アニメでは首吊りを示唆するシーンもあり飛び降りではないと言われています。

アニメ化される前は情報が少なく飛び降り説もあったようです。

 

ギヴン由紀が死んだ理由は真冬との関係や喧嘩が原因?

 

すれ違いから心にもない酷いことを言ってしまった翌日に由紀は死んでいました。

真冬は言い過ぎたことを謝りに行ったと思います。

その心境で自殺の発見者になるのはかなりきついはずです。

喧嘩の内容と2人の関係からみると喧嘩が自殺の原因になっているのは確実ですね。

恋人同士なら喧嘩することぐらいよくある事ですが死を覚悟するほどに強い想いがあったことが分かりますね。

 

由紀と真冬の喧嘩の原因は?

高校生になって由紀はバンド活動やバイトで忙しい生活を送っていたようです。

2人は学校が別々になり以前の様に一緒に過ごせなくなりました。

2人の間にいつのまにか距離が出来てしまい喧嘩になります。

由紀は真冬をホントに愛していて依存していた部分もあるように見えます。

由紀は熱くなり

「お前が望むならなんでもできる」

「お前がいないと生きていけない」

想いをぶつけますが、真冬も冷静さを失っている状態です。

「じゃあ、僕のために死ねるの?」

冗談とも取れるし気持ちを試してるようにも聞こえる真冬の言葉が突き刺さります。

お互いに冷静さを失っていたために悪いほうへ進んでしまいました。

真冬から返ってきた言葉に由紀は自殺を決意したのかもしれません。

 

喧嘩の翌日

2人が喧嘩した翌日に真冬が由紀の部屋に行きました。

由紀はとんでもない行動で真冬に衝撃を与えます。

どこにでもある恋人同志の喧嘩が予想もしなかった大事件になっていました。

部屋には大量のお酒の缶があり、由紀は飲めないお酒を大量に飲んでから自殺していました。

お酒の力を借りて死ぬことで愛を証明した由紀。

由紀にとって真冬は命をかけて愛していたのでしょう。

ただ悲しくてヤケ酒して酔い過ぎて落ち込んで死ぬは無かったのに酒のせいで死にたくなったのなら違う意味でも切ない話ですね。

 

由紀が死んだ理由考察①

由紀が死んだ理由について考察しました。

由紀は大好きな真冬との喧嘩で心が壊れてしまったと思います。

バンド活動やバイトで会えなくて寂しいのは由紀も同じです。

むしろ真冬に対してバンドのせいで会えないのを申し訳なく感じていたんじゃないでしょうか。

寂しさと申し訳なさが重なり疲れていた。

そんな時に「じゃあ、僕のために死ねるの?」と言われ由紀は証明することを決めたように見えます。

由紀は死ぬことで何より真冬が大事だと伝えたかったんだと思います。

 

由紀が死んだ理由考察②

由紀が死んだ理由を考察しました。

自分の気持ちが真冬に届いていない事に絶望して死を選んだのかもしれません。

死ぬ気でお酒を飲んだのではなく、酔った勢いで自殺したとも考えられます。

自殺ではなくアルコールの急性中毒だったとしたらまだ救われるとも思います。

どちらにしても取り返しのつかない結果になってしまいました。

真冬にとって消えることのない悲しい記憶として残ることでしょう。

 

形見のギター

形見のギターを立夏に直してもらったのをきっかけにギターを教えてもらうようになり音楽に惹かれていきます。

音楽に冷め始めていた立夏ですが、真冬の歌声を聞いてもう1度音楽をすることになりました。

由紀が死ぬことで真冬の歌の才能が開花するなんて悲しいですよね。

生きていたらバンド組んで一緒に活躍する未来もあったかもしれませんね。

ギターだけでも二人が繋がっていた証としてずっと使ってくれたらなって思います。

 

バンド活動

由紀が死んだことをきっかけに真冬はバンドに入ります。

立夏が「もうしょうがねぇ。今回は歌ナシでいく。元々うちはインストバンドだし、次もあるから」と言ったことで状況が変わります。

本番直前まで歌詞が出来てないため諦めから発した言葉ですが、真冬がぶちギレます。

由紀のために即興で歌うことにしました。

大好きな人を失った経験を歌ったので観客の心にも響いたようです。

10代で死と向き合うような経験はないですよね。

皮肉にも大切な人の失う悲しみがアーティストとしての成長につながった瞬間です。

二人は音楽のことから不満がでて言い争いをしてしまいましたが、心のそこでは応援していたようです。

 

まとめ

ギヴンの由紀が死んだ理由はなぜだったかお分かりいただけたでしょうか?

死んだ理由が真冬との関係性や喧嘩が原因だとしたら切ない話ですね。

漫画やアニメで死んだ理由を明かさないのは切なすぎるがゆえの優しさなのかもしれません。

明かさないからこそ想像してギヴンの世界にどんどん引き込まれていく感覚もあります。

もしかしたら生きているかもって期待することもできるのでギブンを自分なりに考察するのも良いですね。

今回はギヴン由紀が死んだ理由はなぜ?真冬との関係や喧嘩の原因も解説!を紹介しました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました