「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

【はじめの一歩】復帰する可能性は?現在の実力は現役でも最強レベル?

マンガ
Pocket

2023年9月13日現在、週刊少年マガジン最新号に掲載された「はじめの一歩」1434話が、ファンにとって待望の展開を迎えました。

前回の話では、一歩が鷹村からのスパーリング依頼の相手に応じ、左利きになる訓練を始めるという新たな復帰の可能性が示唆されました。

一歩は初めは左利きになるために奮闘し、その訓練の成果が次第に現れています。

この一連の出来事を、一歩の仲間である板垣達も注視しています。

本話現在では、板垣が「復帰した方がいい」と発言するシーンが登場します。

これは一歩の能力や復帰戦に関する彼の予想を示唆しており、今後のストーリー展開に大いに期待が寄せられます。

「はじめの一歩」ファンにとって、この最新話は驚きと興奮に満ちたものとなりました。

今後、一歩の成長能力と復帰戦の可能性に注目が集まり、相手は誰なのかどのような展開が待っているのか、ファンの間で熱い議論予想が繰り広げられていることでしょう。

 

【はじめの一歩】一歩は復帰するのか?

https://twitter.com/hajimenoippo100/status/1679509004199010305

復帰する可能性を匂わせていますがまだ確定はしていません。

復帰して戦う一歩が見たいですね。

「はじめの一歩」の最新話1434話を読むと、主人公である幕之内一歩の未来について興味深い予測が湧いてきます。

現在、一歩はトレーナーや釣り堀屋として新たなキャリアを積み重ねつつあり、同時にボクシングに未練がないという立場を堂々と表明しています。

しかし、このまま一歩が物語を通じてトレーナーや釣り堀屋としてのキャリアを歩むだけで終わるのか、それとも別の展開が待っているのか、読者にとっては疑問が残ります。

一歩の復帰やセコンドとしての役割が果たされるかどうかについては、今後のストーリー展開が非常に注目されます。

一歩のキャラクターが新たな進化を遂げ、どのような道を歩むのか、ファンたちは期待と興奮を抱えて物語を追い続けています。

 

現時点での復帰は?

現在、幕之内一歩の現役復帰予定はありません。

しかし物語内にはその可能性を示唆する描写が存在します。

一歩は新たなボクシングの道をトレーナーとして歩み、かつてのライバルたちとのスパーリングに胸を躍らせる瞬間が描かれています。

しかし、一歩自身はまだ次なる方向性を模索中のようです。

また、トレーナーとしての成長も見せ、ヴォルグのパンチに巧妙なカウンターを仕掛けるなど、能力の向上がうかがえます。

さらに、長らく続けてきたパワーリスト・パワーアンクルのトレーニングを継続し、パワーとスピードの向上が期待されています。

これらの描写から、一歩の現役復帰の可能性が浮上していることが伝わってきます。

一歩の成長とボクシングへの情熱は、読者にとって未来の展開が楽しみな要素となっています。

彼の次なる一歩に注目が集まることでしょう。

 

131巻での考え

131巻で一歩がボクシングに未練がないと公言したことから、彼がボクシングから完全に離れる可能性が浮上しています。

一歩はランキングや地位よりも「強さ」への探求心を秘めたキャラクターであり、ボクシングはその目的達成の手段に過ぎませんでした。

そのため、一歩が現在の立場に納得し、ボクシングを再開するかどうかは未知数です。

一方で、一歩の復帰に関しても期待が高まっています。

彼がボクシングジムを経営し、選手の気持ちを理解するようになった作者の森川ジョージ先生の発言からは、一歩の再登場が示唆されています。

先生は一歩がダメージの蓄積から距離感を失ってしまう前に、休養をとることを強く望む姿勢を示しています。

したがって、一歩のボクシングへの未練や再開の可能性は物語の展開次第で変わるでしょう。

彼の強靭な意志と、ボクシングにかける情熱は読者にとって興味深い謎であり、これからの物語がその謎を解き明かすでしょう。

ファンたちは一歩の未来に大いなる期待と興奮を抱いています。

 

一歩の復帰について

読者たちの中で、一歩の復帰時期について広く考察されています。

週刊マガジンの連載が進行中で、現在は132巻まで刊行されており、物語は鷹村の世界戦に焦点を当てています。

しかし、今後、一歩の復帰に関連する重要な展開が続くことが期待されています。

物語の進行やキャラクターの成長を考慮すると、一歩の復帰が迫っている兆候が感じられます。

一歩は過去に多くの困難を乗り越え、ボクシングへの情熱を持つキャラクターとして描かれています。

そのため、彼の復帰は物語における重要な転機となるでしょう。

読者たちは一歩の復帰を待ち望んでおり、その瞬間を心待ちにしています。

物語の展開と一歩のリング復帰に対する期待がますます高まっています。

 

復帰の可能性はある

「はじめの一歩」の未来が明らかにされるでしょう。

読者たちは、主人公一歩がセコンドとしてリングに立つのか、現役復帰の可能性があるのかに高い期待を寄せています。

一歩の未来についての予測は多岐にわたり、彼がトレーナーとしてのキャリアを築いていく姿や、ライバルたちとのスパーリングで感じる情熱と向上心が物語の魅力の一部となっています。

現在の一歩は、ヴォルグのパンチを受ける際に繰り出すカウンター技術や、パワーアンクルのトレーニングを継続するなど、その能力を更に向上させています。

一歩の選択と成長、そしてボクシングとの関わりがどのように描かれるのか、読者たちはその展開に胸を膨らませています。

一歩の未来が物語の中でどのように紡がれるのか、楽しみで仕方がありません。

 

森川ジョージ先生のインタビュー示唆

さらに、作者の森川ジョージ先生のインタビューからも一歩の復帰についての示唆が明らかになりました。

森川先生はボクシングジムを経営し、選手の心情に共感を抱いています。

そのため、一歩が過剰なダメージを受けることを懸念し、彼に休息を取るよう提案しました。

この発言から、一歩の復帰がかなり確実視されていることがうかがえます。

一歩の復帰はファンにとって長らく待ち望まれており、その瞬間が果たしていつ訪れるのか、物語がどのように展開していくのか、続きが非常に楽しみです。

 

はじめの一歩で真柴とのスパーで現役で通用すると証明して復帰?

一歩は真柴がサウスポーのインファイターのスパー相手が居なくて困っていることを聞きサウスポースタイルの練習をして真柴のスパーの相手をすることにしました。

真柴が世界チャンピオンになれば久美との結婚を出来るからなんてあざとい考えは一切ないのが一歩らしいところです。

見学に来ている記者たちは現役を離れた一歩に全く期待していない様子ですが、板垣は一歩の動きに驚くだろうとワクワクしています。

スパーが始まると力を発揮出来ず役に立ってないと落ち込む一歩。

板垣が突然スパーを止めると一歩が足の重りを外し忘れを指摘しました。

足の重りを外した一歩は断然動きが良くなり真柴を驚かせました。

現役の真柴を追い詰める一歩の姿に復帰を期待する記者たち。

一歩の活躍を記事にすることで復帰する可能性が一気に高まりそうですね。

 

【はじめの一歩】一歩の現在の実力は現役でも最強レベル?

https://twitter.com/hajimenoippo100/status/1704068345442845051

一歩が引退した当初は、彼の脆弱な側面が露呈し、デンプシーロールへのこだわりが攻撃を避ける能力を阻害していました。

しかし、引退後の10巻では、一歩は大きく成長しました。

彼は他の選手のセコンド経験から戦術や相手の癖を学び、試合を外から観察する機会を得ました。

さらに、長い休憩期間のおかげでダメージが癒え、攻撃をかわす感覚と一歩の動きが回復しました。

これらの経験により、一歩は以前よりも明らかに強力になったと言えるでしょう。

 

サウスポースタイル

サウスポーのロザリオ対策で真柴のスパー相手をするためにサウスポースタイルを覚えた一歩。

サウスポースタイルに切り替えて戦うことで相手のリズムを狂わせることも出来ます。

復帰後の一歩の戦いの幅が広がって引退前より強くなっていると思われます。

 

復帰戦は現日本チャンピオン

今井京介に未来が広がる可能性はあるでしょうか?

既に日本チャンピオンの称号を手にし、おそらくは世界ランキングにもランクインしていることでしょう。

この日本チャンピオンのタイトルは、世界タイトルマッチへの足がかりとして最適なものです。

さらに、以前の日本タイトルマッチで板垣が敗れたことから、今井京介にとってチャンピオンに輝くチャンスが巡ってくる可能性もあるでしょう。

一方で、リカルド・マルチネスの現在の対戦相手は元WBC世界チャンピオンであり、おそらくWBCタイトルは空位となり、新たな王座決定戦が行われるでしょう。

その際、宮田が出場し、WBC世界チャンピオンに輝く可能性も考えられます。

また、WBAチャンピオンである千堂は怪我のため長期休養が予想されますが、彼とWBCチャンピオンの宮田が対戦権を保持することで、一歩が迷う展開が生まれる可能性もあるでしょう。

ただし、これは完全に私の個人的な希望的観測に過ぎません。

 

本編では明かさずに終了

一歩の未来について考えましたが、私の予想では、一歩が復帰する可能性は高いと思います。

以前は、引退と連載終了が優勢でしたが、最近の展開によってその見込みが逆転しました。

最適な結末として、一歩が復帰を決意した瞬間で物語を終了することが考えられます。

後楽園ホールのリングに上がる一歩の背中を最後に、感謝の意を表明し、「長い間、応援ありがとうございました」と言うでしょう。

この結末によって、物語は停滞から脱し、ラスボスへの道も描け、未解決の問題も解決でき、作者も長い連載から解放されることになります。

現在の状況から判断すると、これが最も適切な結末ではないかと思います。

何しろ、「はじめの一歩」は読者を魅了し続けており、その影響力は非常に大きいです。

例えば、「こち亀」ですら、連載終了宣言後に注目を浴びました。

作者は何も明言していませんが、周りがさまざまな想像をして状況を盛り上げていること自体、作者の成功かもしれませんね。

 

まとめ

https://twitter.com/hajimenoippo100/status/1699255996181602645

9月13日現在の週刊少年マガジンにおいて、人気漫画「はじめの一歩」の最新話1434話が発表されました。

前回のエピソードで、主人公の一歩は、鷹村のスパーリング相手としての要請を断りつつも、なぜ左利きになれないのかという問いかけに直面します。

ところが、デンプシーロールの練習中に、一歩は無意識に左利きになっていることに気づき、左利きを使いこなすためのトレーニングを始めることに決意します。

能力の高さが窺えますね。

最初は苦戦もありましたが、徐々に成長し、その成果を仲間の板垣たちが見守っていました。

そして、現在では、板垣が一歩相手に対し「復帰した方がいい」という復帰戦の提言を行います。

これにより、一歩の復帰戦と新たな可能性に対する期待が高まります。

未来の展開についての予想や感想、そして「はじめの一歩」のファンたちの熱い議論が広がっています。

この物語がどのように進展し、一歩の能力がどれだけ向上するのか復帰するのか復帰戦相手はどうなるのか、今後の可能性予想が楽しみで仕方ありません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました