「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

キングダム司馬尚の死因は何?史実での実績や死亡時期を徹底考察!

キングダム司馬尚の死因は何?史実での実績や死亡時期を徹底考察! キングダム
Pocket

今回は数多くある中から当記事をお選びいただき誠にありがとうございます。

今回解説させていただくのは、あの大人気作品『キングダム』に登場する司馬尚(しばしょう)というキャラクターの元になった人物、の史実や、実績、死亡時期などについて解説していきます!!!

まずは、キングダム内での司馬尚(しばしょう)を紹介させていただきます。

司馬尚(しばしょう)は、燕のオルドが20,000人の兵を持ち青歌に攻め入ってきたときには、なんと司馬尚軍は5,000人の兵で颯爽と撃退してしまいました。

司馬尚(しばしょう)の実力は腕っぷしだけでなく知性も高いと思われます。

この司馬尚(しばしょう)どのくらい強いのか、など実力についてはまだ不透明でほんの少ししか明かされていません。

しかし三大天に匹敵するほどの力を持った武将である可能性が、漫画の一部で明かされています。

あの李牧までもがその強さゆえ無条件に信頼を置くほどの強さを持っているらしいです。

今後、秦にとって大きな壁になることは避けられないですね・・。

さて、キングダムの登場キャラクターである司馬尚(しばしょう)の大まかな存在はわかりましたか?

ですが今回のメイン内容は史実で実在した司馬尚(しばしょう)についての解説。

史実で実在していたとしたら、その実績や死亡時期なども気になりますよね。

キングダムではこの存在感なのですが、実際の実績は一体どのくらいすごいのでしょうか。

また死亡時期やその理由などの背景にも迫っていきますので、どうか最後までお付き合いください!

 

キングダム司馬尚の死因は何?

史実上での司馬尚の死因は分かりませんが戦場ではなく病気や寿命だと言われています。

趙王から将軍の地位を剥奪され命の危機を感じ司馬尚は趙から出ていくことになります。

趙から出て行った後の司馬尚の行動は残されていないようです。

 

キングダム司馬尚は史実で実在した人物?

先ほどの説明で恐ろしく強いであろう司馬尚(しばしょう)ですが、史実で実在していたのでしょうか?

気になる答えですが・・・。

結論から言うと「史実で実在しています!

この記録があるだけでも『キングダム』のファンの方からすれば胸がアツくなりますね。

史実では、李牧(りぼく)と共に名将と呼ばれているような存在ではありましたが、史実での記録はほとんど残っていないというのも事実です。

ただ司馬尚(しばしょう)が登場する史実が一つだけ残ってあります。

その史実の内容に関して、次の項目で詳しく解説、紹介させていただきます。

 

司馬尚の史実から実績や死亡時期を徹底考察!

では続きまして、司馬尚(しばしょう)の実績や死亡時期の詳細などなど、詳しく!深く!しっかりと解説していきます!!!!

とても奥が深く面白いのでぜひ楽しみながら読んでみてください!

今回の解説はここからが本番と言っても過言ではないので気を引き締めていきましょう。

それではどうぞ。

 

〜司馬尚(しばしょう)唯一の史実〜

では、先ほども紹介させていただきましたが、唯一の史実の記録について解説していきます。

史実では、李牧(りぼく)と司馬尚(しばしょう)は共に名高い将軍であり高い評価を得ていることは確かです。

司史実で馬尚(しばしょう)が登場しているのは今から約2000年前であり紀元前229年のこと。

羌瘣(きょうかい)、楊端和(ようたんわ)、王翦(おうせん)の大軍を引き連れた秦が趙に攻め入った際、李牧(りぼく)と共に追い返えしたこと、またこの時の戦いで秦側もかなり苦戦していることが記載されています。

この少しの史実の内容だけで司馬尚(しばしょう)と言う人物が、かなり優秀な将軍であることがわかります。

なぜ他の史実に登場していないのか不思議なくらいの活躍ぶりです。

史実に残さないよう司馬尚(しばしょう)が裏で行動をしていたのか、また将軍であったにも関わらず功績を納めきれていなかっただけなのか。

考察は深まるばかりで、もやもやが溜まってしまいます。

正解がわからないのは悔しいことですね。

 

〜司馬尚(しばしょう)の死亡時期〜

先ほどの史実の続きではありますが、司馬尚(しばしょう)の死亡した時期につながりますので項目を分けて紹介させていただきます。

司馬尚(しばしょう)と李牧(りぼく)にひどく苦戦していた秦は趙の内部の人間である郭開という人を買収し、秦側の言う通りに動きました。

その郭開という人物が趙王に、「李牧(りぼく)と司馬尚(しばしょう)が良くないことを企んでいる。今すぐに将軍であるあの権利を剥奪させ、あの二人を追放した方がいい」と伝え趙王を唆してしまいます。

趙王はこの話を受け入れてしまい、李牧(りぼく)と司馬尚(しばしょう)をに対し将軍の権利を捨てるようにと言い渡されます。

李牧(りぼく)はこの命令を受け入れることができず、なんと処刑されてしまいました。

一方司馬尚(しばしょう)はこの命令を受け入れてしまいました。

将軍の権利はなくなり、庶民となってしまいました。

これ以上趙に滞在していると自分の身に危険が及ぶと判断し、趙から脱出します。

二人が欠けてしまった趙はあっけないものでした。

趙王に更迭を言い渡されて亡き者になってしまった李牧(りぼく)と司馬尚(しばしょう)。

この大黒柱であった二人がいなくなり、趙は間も無く趙は滅びてしまいました。

この二人が趙を支えていたと言っても過言ではないと私は思いました。

ここまでは記録として残っているもののこれから先についてはいまだに不明とされています。

死亡した際の記録や、どこでどのようにしてこの世から去ってしまったのかは史実には示されていません。

ただ死亡時期を調べたところ、265年9月6日に死去していることがわかります。

 

司馬尚の子孫を徹底考察

司馬尚に子孫がいたのか史実を元に調査してみました。

史実によると司馬尚の死去後に彼の子孫と思われる人物が活躍していました。

彼の子孫と呼ばれている人物の中には皇帝にまで上り詰めている人物もいるみたいですよ。

 

~子孫① 司馬印 ~

司馬尚の子孫と言われている1人目は「司馬印」です。

司馬印は司馬尚の1人息子と言われています。

史実によると司馬尚は将軍の位を落とされ平民となり超を出たときも1人息子である司馬印は超に残していったそうです。

司馬印が活躍し表舞台に出てきたのは超国滅亡後で、秦国が中華全土を統一した秦の始皇帝が死亡した時になります。

司馬印は楚漢戦争で活躍をした人物で項羽により殷王というところに閉じ込められました。

そのことで項羽に反旗をおこし、項羽の敵である劉邦の味方となります。

しかし、項羽により派遣された軍に敗れました。

その後、司馬印は再度項羽の味方となりますが劉邦軍と戦いますがあっさり敗れたそうです。

劉邦軍との戦いに敗れた司馬印はそのまま戦死してしまいます。

 

~子孫② 司馬懿仲達~

司馬懿仲達はご存じの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

三国志で最も有名な軍師の1人である諸葛亮公明の最大のライバルである司馬懿仲達も司馬尚の子孫と言われています。

司馬懿仲達は当時の魏の皇帝から反乱を企てているのではと怪しまれ、わざとボケた老人の振りをするなど非常に頭の良い人物でした。

あの諸葛亮公明が勝ち切ることもできなかったわけですからね。

その司馬懿仲達はなんと魏を乗っ取ってしまうのです。

司馬懿仲達の息子である司馬師と司馬昭の時代では権威を完全に自分たちの一族のものとしました。

そして司馬懿仲達である司馬炎は三国時代を統一して終わらせることに成功するのです。

つまり司馬一族は皇帝にまで上り詰めているということになりますね。

この2人が司馬尚の子孫であるということが本当かどうかは確定要素ではありません。

あくまで史実を考察した推測と言われていますが、多くのかたが同様この考察を行っています。

司馬尚の優秀さを考えれば、司馬一族は間違いなく優秀な一族であることは間違いないわけですからね。

史実通り司馬尚が敗北し平民に位を落とされたとしても、彼の子孫なら実力で役職を上げてきたのでしょう。

司馬尚は不遇の最後となってしまいましたが、彼の子孫たちが立派な功績を残し歴史に名を刻んでくれましたね。

 

キングダムの司馬尚

司馬尚は王翦率いる秦軍を圧倒しています。

李牧の策略+司馬尚の武力が合わさるともはやラスボスと言えるほどの強敵だと思われます。

青歌の火と言われ青歌の兵からカリスマを超えた教祖のように慕われているのは何故なのか気になるところですね。

 

王翦と一騎討ち

漫画キングダムでは本陣にいる王翦の目の前まで無傷で到達した司馬尚。

史実で司馬尚が勝つと分かっていても王翦が何かしでかすと思われます。

司馬尚が勝つとしても王翦の見せ場に期待ですね。

 

まとめ

今回はキングダムの登場人物である司馬尚(しばしょう)の史実に実在していたのか、また死亡時期などについて詳しく紹介、解説させていただきました。

今回の解説は、いかがだったでしょうか?

お楽しみいただけたのなら幸いです。

司馬尚(しばしょう)が実際に実在していたことについては胸がアツくなりますが、司馬尚(しばしょう)の実績が書かれている史実の少なさから少しがっかりさせてしまったかもしれません。

ただ唯一といってもいい史実のインパクトが非常に強いため、十分と言ってもいいほどの実績だと思います。

ただ一つ心残りなのが、司馬尚(しばしょう)の死亡時期の詳細が分からないことですね。

今後、死亡時期やその他の実績などが書物から明らかになる可能性もゼロではないので日本の専門家の方々に期待しながら気長に待ちたいと思います。

キングダムではまだ顔や戦う姿も明かされていない司馬尚(しばしょう)ですが、今後どのように登場し、どう活躍していくのか楽しみです!

やはり、司馬尚(しばしょう)の異常な存在感の理由として挙げられるものといえば、

・李牧が三大天に推薦したこと

・「趙の大虎」という異名

などなど、只者ではない雰囲気を醸し出してます。

今後のストーリーにおいて非常に重要な人物であることは間違いないですね。

司馬尚(しばしょう)率いる青歌軍の強さは将軍の周りにいる直属の部下たちにも隠されています!

現時点で分かっているだけでも、4人という他の軍よりも多くの将軍で構成されていることがわかります。

また司馬尚(しばしょう)への信頼度も青歌軍の強さに直結していると予想できます。

また、司馬尚(しばしょう)の顔は、いろんなファンの方が考察されています!

個性的な髪型、骨格や顎の形からさまざまな予想が立てられておりますので、こちらの件に関しても別の場所で考察させていただければいいなと思っております。

また別のキングダムのキャラクターを深掘りしたり、別作品の徹底解説などさせていただきますので、今後の記事にもどうぞご期待ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました