「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

呪術廻戦262話ネタバレ最新話確定と考察!宿儺がだんだん不利になる?

マンガ
Pocket

今回は2024年6月10日(月)発売号の週刊少年ジャンプ掲載の「呪術廻戦」本誌最新話262話のネタバレ考察をお届けします。

一度死亡したかに見えた五条でしたが、実は羂索の術式をコピーした乙骨が五条の体を動かしている状態でした。

制限時間付きではありますが、それでも申し分ない助っ人と言えるでしょう。

呪術廻戦262話以降どうなっていくのか考察、ネタバレしていきます。

今回は「呪術廻戦262話ネタバレ最新話確定と考察!宿儺がだんだん不利になる?」と題してお届けします。

 

Contents

呪術廻戦262話ネタバレ考察

それでは呪術廻戦の262話のネタバレ考察をします。

東堂の再登場にも盛り上がっていましたが、五条の復活が事実ならばより盛り上がる事だと思いますね。

考察はご覧の通りです。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|宿儺がだんだん不利になる?

五条が復活したとなると、虎杖達の戦力はかなり増すでしょう。

対する宿儺の方はかなり不利なのではないかと思います。

宿儺の感覚では人間は上半身と下半身が真っ二つになったら、死亡するのは当然の事です。

しかし五条が復活して普通に戦えたとしたら、また消耗している宿儺にとっては厳しいでしょう。

やがて追い詰められていくんじゃないかと思います。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|五条復活の理由が明らかに?

虎杖と東堂が宿儺に立ち向かっていく中で、前触れもなく五条が復活していました。

吹き出しが正しければ、復活したのかもしれません。

五条の遺体を回収していた事から、反転術式に明るい家入が何か仕込んでいたのでしょう。

恐らく反転術式は真に極めた者ならば、一度だけ死者を復活させられるのだと思います。

なので家入の反転術式で復活できたのでしょう。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|釘崎も復活している?

五条が復活している様子を見せていました。

その事から反転術式には恐らく大量の呪力を使えば、死者を復活させられるのかもしれません。

そうなってくるとまだ体が残っている釘崎も復活しているんじゃないでしょうか。

顔付近をやられていましたが、五条のように真っ二つにされたわけじゃないので、復活させられないわけがありません。

それにはっきりと死亡した描写もないので、ひょっとしたらとっておきとして復活するんじゃないでしょうか。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|釘崎は復活できない?

五条が復活しているのであれば、釘崎だって復活できてもおかしくありません。

釘崎は真人の術式を顔に浴びて死亡したかに見えたが、新田の術式で傷の進行を止めていました。

ただ釘崎は顔付近をやられていましたので、家入でも復活できないんじゃないでしょうか。

顔付近には脳みそとかかなり細かくて重要な部位があるので、反転術式でも治し切れなかったのだと思います。

なので復活していないのかもしてません。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|虎杖の反転術式は乙骨と入れ替わったから会得できた

259話では虎杖と入れ替わったのは乙骨と日下部だという事が発覚しました。

日下部からは呪力操作と簡易領域を身に着けましたが、乙骨からは反転術式を会得したのでしょう。

反転術式を使えるのは限られ、術式次第でしか使えない秤は論外で、硝子は反転術式に明るいですが女性ですので、入れ替えられない筈です。

なので消去法で乙骨という事になり、入れ替わって会得したのだと思います。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|虎杖の身体能力の高さは宿儺の片割れの影響?

虎杖は呪術師に関わる前から、人間離れした身体能力を所持。

宿儺は虎杖は自分の片割れの魂を持った人間の間から生まれたかもしれないと言っていました。

その事から高い身体能力は片割れの影響の可能性があります。

宿儺が言っているだけなので信ぴょう性は微妙ですが、もしそうならその片割れは宿儺と同等の能力があると踏んで間違いないでしょう。

同時に虎杖の身体能力の高さも頷けます。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|東堂は秘密兵器を所持している

虎杖のピンチに駆けつけた東堂ですが、相手が相手なので無策で来たわけではない筈。

確実に勝つために何らかの秘密兵器を潜ませている可能性が大です。

これも恐らく冥冥との会談の中で、彼女から渡された可能性があります。

そして宿儺との戦いの中で、ほんの僅かでも隙を見せたら秘密兵器を繰り出して、ダメージを与えて虎杖をアシストするでしょうね。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|東堂のモチベーションは最高潮

ブラザーである虎杖と宿儺に立ち向かおうとしている東堂。

相手が相手なので、下手すればこれが虎杖と肩を並べて戦える最期の戦いになるかもしれません。

東堂もそれを理解しているから、例え死亡しても悔いが残らないようにしたい筈。

なのでモチベーションは最高潮だと思います。

そのモチベーションを維持したまま、勢いかつクレバーな戦いをしてくるんじゃないでしょうか。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|冥冥が得たものとは?

258話では冥冥が簡易領域に関する事についての問題を片づけていたのです。

簡易領域はシン・陰流の門下だけが会得できる一門相伝の技であり、そうじゃない虎杖はルールによってそれは叶いません。

秤もその事について気にするも、冥冥は何とかしたと言って微笑んでいたのです。

しかし冥冥はお金には相当がめつく、余程の事が無ければ動こうとはしないでしょう。

ただ今回動いた事を踏まえると、かなりのお金を得られたか大金以上の何かを得たのだと思います。

その得たものが何かが分かるんじゃないでしょうか。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|ミゲル達の生死は如何に?

258話ではミゲルはラルゥを連れて逃走。

その途中で宿儺は領域展開を使用するのを目撃したのです。

領域の範囲内は渋谷事変の時と同じなので、ミゲル達も巻き込まれる可能性は高いと言えると思います。

2人とも疲弊しているため、喰らったら死亡する可能性が大。

そのため、斬撃が止まった後にどうなったのかが明らかになるでしょう。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|宿儺は無意識に虎杖を警戒している?

宿儺はフーガを放とうとするが、普通だったらそこまでせずとも虎杖を始末できる筈。

しかし敢えてそうしていることからも、無意識に虎杖を警戒してるからではないかと思います。

虎杖は宿儺と同じ御廚子が使えるようになり、黒閃を何度も繰り出していました。

このことからも虎杖の潜在能力は高く、戦闘が長引けば能力が開花して宿儺を凌駕していく可能性だってあります。

宿儺はそれを警戒して、斬撃で削れないなら炎で燃やし尽くそうと決めて、フーガを撃とうとしているのだと思いますね。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|呪霊達が暴れ出す

今、虎杖を始めとした主力と言える呪術師が宿儺達と戦っている状態です。

そうなってくると他の場所は手薄の状態となっていると思います。

その間に宿儺とか真人達ほど強いわけじゃないけど、それなりに強い呪霊達が出現して暴れるんじゃないでしょうか。

祓うべき存在の呪術師は宿儺達に集中し、これほど好機なのも滅多にないはずです。

なので好き勝手に暴れまくるんじゃないでしょうか。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|虎杖は反転術式が使える回数に限りがある?

虎杖は宿儺の領域展開による斬撃を受け、足を切り裂かれ、右目も抉られました。

足の方は反転術式で治した様子でしたが、目の方は治していませんでした。

この事からも反転術式を使える数に限りがあるのだと思います。

今の虎杖は脹相と同じ状態になっていますが、まだ急造な部分があるので脹相みたいにはいかないでしょう。

そのため、もう使える回数に限界がきているので、足だけ治したのだと思います。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|伏黒は生きる気力が出てくる?

虎杖は前に宿儺に攻撃したときに伏黒を助けようとしていました。

しかし、姉や先生を直接じゃないにしても手にかけてしまっていたことから、生き残る資格はないと思って拒絶してしまったのです。

それでも虎杖達が必死に戦っている様子は見ていて、理解しているんじゃないでしょうか。

それ故に少しずつ生きる気力を取り戻していくと思います。

そして乗っ取られた頃のように宿儺に抵抗するんじゃないかと思いますね。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|裏梅は焦り始める

裏梅は秤と戦っている最中でありますが、内心では焦り始めているんじゃないでしょうか。

勿論、宿儺が負けるという事はあり得ないと思っているでしょう。

しかし虎杖が宿儺の片割れの力を引き継いでいるかもしれない事を知り、不安な表情をしていました。

このまま虎杖と宿儺を戦わせてしまっては、虎杖がより成長していき、宿儺を凌駕するのではないかと焦るのではないでしょうか。

だから秤との戦いを早めに終わらせようと立ち回ると思います。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|裏梅が困惑する?

宿儺はカミノフーガを放ちました。

その規模や威力を踏まえて、裏梅は自分たちの勝利だと確信した様子を見せていたのです。

普通に考えたら、勝ったと思うのも無理ないでしょう。

しかし宿儺のすぐそばにいた虎杖が脹相のおかげだったとはいえ、それほどダメージを受けずに生きていました。

なので裏梅は脹相が守ったのを見ていなかったと思いますので、虎杖が耐えきったと思って何故生きていると言わんばかりに困惑するでしょう。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|秤も無事?

秤は虎杖達が宿儺と戦っている間、ずっと裏梅と戦っていました。

彼女の氷の術式に対し、反転術式を駆使して粘っている状況です。

そんな中で宿儺はカミノフーガを撃ちました。

秤もカミノフーガの範囲内にいたので、飲まれている可能性があります。

多分東堂が助けてくれている可能性もありますし、反転術式で何とか保った可能性があるので、無事である可能性が高いです。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|裏梅も巻き込まれた?

宿儺のカミノフーガはかなり広範囲に放たれました。

基本、まともに喰らったら誰でもただでは済まないほどの破壊力があります。

宿儺達の近くでは秤と裏梅は戦っていましたが、彼らも巻き込まれたんじゃないでしょうか。

裏梅は宿儺が技を繰り出そうとした時に自分達の勝利と言っていた事から、自分がいなくても宿儺が生き残ればそれでいいと考えていると思います。

なので巻き込まれても悔いはないんじゃないでしょうか。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|五条の復活は限定的?

一応五条が復活した様子を見せていましたが、一度は死亡しています。

普通死亡した人間が生き返る事は、奇跡と言っても過言ではないでしょう。

恐らく家入が反転術式で治したとは思いますが、制限時間付きなのだと思います。

完全復活よりもそっちの方が納得と言えますね。

その制限時間が過ぎたら、再びあの世へと旅立つなんて事があるでしょう。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|五条の肉体は脆い

五条が一応復活したかもしれませんが、余り依存は出来ないでしょう。

何しろ、一度は死亡しているので生前みたいな動きは出来ないと思います。

しかも復活したてなので、体だって万全じゃありません。

動きも鈍いでしょうし、頑丈さもかなり弱いと思います。

下手すれば、軽く触れるだけで肉体が消し去る可能性があるんじゃないでしょうか。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|冥冥は烏を補充している?

冥冥は烏を生み出し、あちこちの様子を確認する事が出来ます。

それに烏を使って、東堂の術式で人と烏の位置を入れ替える事も可能です。

東堂の場合、左腕がないのでその状態で宿儺と戦うのはかなりリスキーと言えます。

しかし烏をどんどん生み出せば、東堂が術式で烏と位置を入れ替えて攻撃を避けたりすることは出来るでしょう。

冥冥も彼らの戦いを見ているので、どんどん烏を補充して送り出すと思います。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|虎杖と東堂がダブルで黒閃を決める

虎杖は今回の宿儺の戦いで黒閃をこれでもかと何度も決めています。

東堂も恐らく合流する前まで戦いの事を何処かで見ていたはずです。

渋谷事変の時よりも虎杖は成長していると東堂も感じているでしょうし、ここで置いて行かれていると感じていると思います。

なので自分も黒閃を決めていくでしょう。

更には虎杖と共に同時に黒閃も繰り出して、宿儺にダメージを与えると思いますね。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|五条は遺体のままで囮に使われた?

五条は復活したとされていますが、胴体が真っ二つになったのですから死亡したと言えるでしょう。

しかし呪術師側は五条の遺体を回収しています。

恐らく回収して囮に使おうとしているんじゃないでしょうか。

死せる孔明生ける仲達を走らすと言うことわざがあるように、五条の遺体を使って生き返ったように見せかけたのだと思います。

それで宿儺が隙を見せれば、虎杖達に攻撃できるチャンスが出来るため、利用できるだけ利用したのだと思いますね。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察|虎杖が間髪入れずに攻撃していく

宿儺は術式が回復すれば、僅かな呪力でも領域展開をすることが可能です。

虎杖がそれを把握する事は難しいですが、いずれ回復するだろうと読んでいると思います。

ここで引いたらまた遠距離攻撃をして、近づくのが難しくなるでしょう。

そうなると勝機が失われる可能性が大です。

なので間髪入れずに攻撃して、術式が回復していてもしていなくても、攻撃の隙を与えないと思います。

 

呪術廻戦262話ネタバレ最新話確定速報

それでは呪術廻戦262話のネタバレを確定として掲載します。

果たして、どんな内容となっているのでしょうか!?

ネタバレはご覧の通りとなっています。

 

呪術廻戦262話ネタバレ考察まとめ

この記事では呪術廻戦262話のネタバレ考察を紹介してきました。

仮に復活したのが事実だと考えても、五条は病み上がりの可能性があるので、現状はまだ宿儺に分があるかもしれません。

しかし時間がたてば、宿儺に不利になっていくので少なからず焦りはある筈です。

虎杖達はそこを突いていくかもしれませんね。

以上「呪術廻戦262話ネタバレ最新話確定と考察!宿儺がだんだん不利になる?」と題してお届けしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました