「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

キングダムネタバレ788話最新話考察!カンサロが司馬尚を守る理由が判明!

キングダムネタバレ788話最新話考察!カンサロが司馬尚を守る理由が判明! キングダム
Pocket

ヤングジャンプの連載漫画「キングダム」の788話を考察していきます。

倉央と糸凌の回想シーンに続いてカンサロとジアガの回想シーンがありました。

ジアガは死に糸凌もいつ討たれてもおかしくない状況下にいます。

回想シーンに登場した倉央とカンサロの直接対決になるのは間違いなさそうです。

お互いに敵討ちになるので熱い戦いになりそうです。

今回は「キングダムネタバレ788話最新話考察!カンサロが司馬尚を守る理由が判明!」を紹介していきます。

 

Contents

キングダム788話ネタバレ最新話確定!

788話内容を考察

  • カンサロが倉央軍を後ろから攻撃
  • 倉央が糸凌の敵討に単独行動に出る
  • 亜光がカンサロの行く手を阻む
  • 糸凌が討たれる

などが考えられます。

 

キングダム788話の発売日はいつ?

キングダムの788話は2024年2月22日発売のヤングジャンプに掲載予定です。

 

キングダム788話ネタバレ最新話確定速報はいつ?

キングダムの確定速報は発売日の2、3日前になります。

早ければ2月19日辺りから少しずつ入ってきます。

情報が入り次第執筆していきます。

 

キングダム788話ネタバレ最新話確定速報|

788話の確定速報が入り次第追記します。

 

キングダム788話ネタバレ最新話確定感想|

キングダムの788話をみて考察や感想を追記していきます。

 

キングダム788話ネタバレ最新話考察!

キングダムの788話がどうなるのか考察していきます。

ネタバレも含まれるので気をつけてください。

 

キングダム788話ネタバレ最新話考察|本陣の戦い

王翦軍に凄まじい勢いで突撃していく司馬尚軍。

一気に勝負がつくと思われましたが糸凌の奮闘のおかげで田里弥軍と倉央軍が司馬尚軍の後ろからの挟撃に間に合いました。

これで司馬尚の勢いが止まるのか。

仮に止まらなくても亜光が現れれば戦況が変わるかもしれません。

王翦の陣形でも止まらない司馬尚を止めることが出来るのか。

まだまだ未知数の力を秘めている司馬尚に圧倒的にまけてしまうのか。

 

王翦を救うのは玉鳳軍か?

秦の遊軍として動いている王賁。

今は李牧を討つために動いた飛信隊の穴を埋めていますが、本陣がピンチになったらすぐにでも本陣に向かう可能性があります。

右翼が負けるより本陣が負けることの方が被害が大きくなるからです。

李牧を追った信を呼び戻すように指示を出して本陣を助けに行くのが秦遊軍に責務になりますね。

 

亜光と亜花錦は救世主となるのか?

亜光と亜花錦が王翦を助けに向かっていますが救世主になることが出来るのか?

亜光は重症を負っている状態のため火事場のクソ力を発揮して自身の命と引き換えに司馬尚に挑むと考えられます。

亜花錦も奇抜な発想で司馬尚軍をかき乱す可能性があります。

2人とも救世主になるには役不足だと思われますが、信が来るまでの時間稼ぎにはなると思われます。

 

関常率いる玉鳳軍に亜花錦が合流

王賁のいない玉鳳軍の2万を関常が引き連れ司馬尚軍に横撃するも失敗に終わりました。

王賁が中央に向かわせた亜花錦が関常と合流して王翦の応援に駆けつけることになります。

王賁の父の王翦を守るのに1番身体を張ることになりそうな立ち位置ですね。

 

王翦の援護に向かう亜光

開戦から李牧の策略で死闘を続けている亜光。

王翦の元に向かうために楽彰との戦いを焦り背中を負傷しています。

王翦の元に辿り着く前に力尽きる可能性も高く王翦軍最初の犠牲者になるかもしれません。

 

糸凌がジアガを討ち取るも重傷

糸凌の振り下ろした剣がジアガの首元に入り込みました。

トドメの一撃とも言える破壊力です。

ジアガはもし生きていても重症で戦えないと思われます。

ジアガが本気を出した直後に糸凌が討ち取ることが出来たら秦軍の士気が高まり、李牧のペースを崩すことになりそうです。

 

カンサロの実力は?

青歌軍の中で司馬尚に次いでNO.2の実力のカンサロ。

カンサロが気が乗らないが糸凌を倒すと本気になったので、一気に糸凌が負ける可能性もあります。

糸凌がカンサロに勝ってしまうと青歌軍って司馬尚以外対したことないじゃんとなってしまうため、カンサロの強さを見せつける戦いになりそうです。

 

孤立する司馬尚

王翦の陣形にも怯まなかった司馬尚ですが、後ろからの挟撃により流石に勢いが無くなることになります。

司馬尚や李牧にとっても田里弥と倉央が自軍を置いて追ってくるとは考えていなかったのでしょう。

そうなると王翦の司馬尚を孤立させる陣形も効いてくるので司馬尚が孤立することになります。

しかしそれでも司馬尚の武力で苦戦する王翦軍。

さらに李牧が司馬尚の援軍として現れたら王翦には打つ手が無くなってしまうでしょう。

さすがの王翦もここまでの圧倒的なピンチは想定外だったはずです。

 

亜光を追う楽彰

楽彰は左目を失明するほどの負傷をしていますが亜光を追っているはずです。

亜光も司馬尚軍を後ろから挟撃する形になりますが楽彰に追いつかれたら亜光自身が挟撃されることになります。

そのまま田里弥軍、倉央軍をも楽彰軍が後ろから挟撃することになる可能性が高く亜光が王翦軍に増援に来るのは悪策だと思われます。

 

壊滅寸前の田里弥軍

司馬尚が現れたときに、司馬尚が王翦だけを狙っていると瞬時に見抜いた田里弥。

さすがは王翦の側近として活躍していただけのことはある読みの速さですね。

その田里弥が倉央と救援に行けば間に合うと言っていました。

さらに怪我の酷い田里弥が向かうのは策略のためなので、後ろから挟撃する以外に秘策があると考えて良いと思われます。

王翦軍一の殺戮部隊て言われた田里弥の策略に期待ですね。

 

田里弥や倉央は討たれるのか?

田里弥の見せ場とも言える戦いになりそうです。

怪我をしている田里弥は深追いしないで指示出しに回ると思われます。

どちらかと言うと糸凌を心配した倉央が必要以上に無理をして死亡する可能性が高いと考えています。

 

王翦の秘策

王翦も何の策もなく趙攻めをするとは考えられません。

以前の麻鉱のように李牧が初っ端に攻めてくる可能性は視野に入っていたはずです。

李牧の罠にハマってしまった時の対策を用意してあるはずです。

 

逃走する王翦

勝てる戦いしかしない王翦。

司馬尚の突撃ぶりを見て勝てないと判断した場合、逃走する可能性が高いです。

王翦は史実で番吾で死なないことが分かっているため司馬尚と戦う前に素早く逃走する可能性が高いですね。

となると陣形が効かない司馬尚軍を後ろから倉央と田里弥が攻めている今が一番の逃走のチャンスです。

チャンスですが王翦が逃げると倉央と田里弥は挟撃が出来なくなり確実に死ぬことになります。

王翦には国を作るという野望があるので迷わず逃走を選ぶと思われます。

 

キングダム788話ネタバレ最新話考察|ジアガ、カンサロVS糸凌

糸凌はジアガとカンサロを相手にして倉央を王翦のもとに行かせる決断をしました。

さすがの糸凌でもジアガとカンサロを相手にするのはキツイと思われます。

倉央はどうするのか。

 

倉央の胸騒ぎ

倉央は開戦直後から胸騒ぎを感じていました。

それは糸凌がジアガとカンサロの2人を相手にさせてしまう事だったのかもしれません。

 

糸凌死亡

ジアガとカンサロを相手に戦うことになった糸凌。

司馬尚の次に強いカンサロと蒙武を連想させるほどの剛将のジアガを相手にするのはかなりキツイでしょう。

倉央との回想シーンもあり死亡する可能性が高まってきました。

それでもジアガとカンサロを道連れにするだけの実力はありそうです。

 

糸凌を助けに戻る倉央

糸凌だけに任せて負けた場合、ジアガとカンサロが王翦を討ちに来るため2人がかりで止めるのが最適だと判断し、王翦を助けに向かった倉央が糸凌の元に戻る可能性もあります。

倉央、糸凌とジアガ、カンサロで2対2になり相討ちに持っていくかもしれません。

 

司馬尚軍の猛攻撃

王翦の司馬尚対策の陣形変更をものともせずに突き進んで行く司馬尚。

このまま王翦の元に辿りつき王翦との一騎打ちになるのか?

 

李牧と司馬尚の関係性

2人の関係性がまだ分かりません。

2人の間に信頼関係があるにしても上下関係まではないはずです。

策を練る李牧に対して司馬尚が戦いには参加するが従う気はなく自由に戦うかもしれません。

司馬尚自身も知略に長けているのなら司馬尚も指示を出していくはずです。

当然李牧の策略通りにいかない場面も出てきます。

その際の司馬尚の場面場面での判断が李牧の策から離れていく可能性があります。

李牧と司馬尚のちょっとしたすれ違いから隙を見つけ秦軍は全滅を免れることになりそうです。

 

キングダム788話ネタバレ最新話考察|右翼の戦い

右翼の戦いがどう展開していくのか考察します。

主に王賁と羌瘣がどう戦っていくのかになります。

 

玉鳳軍と羌瘣隊VS袁環軍

逃走する李牧に対して何もしない袁環軍を見て李牧の逃走は策略だったことに気づいた王賁。

飛信隊の抜けた穴を埋めにきた玉鳳軍と羌瘣隊だけでは倍以上いる袁環軍を撃退するのは厳しくなっていきます。

なぜなら李牧の逃走を知った信が李牧を追うまでは袁環軍は手加減していたと思われます。

数の力で飛信隊を攻めていたら信は一万も引き連れて李牧を追えなかったからです。

信が李牧を追ったあとは袁環軍が本腰入れて攻めてくると思われます。

秦右翼が壊滅したら袁環軍は秦の中央軍を横撃することになり王翦を追い込むことになります。

 

借りは返した王賁

影丘での借りは返したといった王賁。

実際には助けに来ただけでは借りを返しきれていないと思われます。

王賁は照れ隠しで言っているだけで、恩を返しきれていないことは充分分かっているはずです。

右翼の不利な状況を打開するために無茶をする可能性があります。

 

キングダム788話ネタバレ最新話考察|左翼の戦い

左翼の戦いの考察になります。

李牧直属の部下が多い部隊と山の民軍がどう戦っていくのか。

番吾の城で捕虜の壁たちを救出出来るのか。

 

番吾の罠

キタリが率いるメラ族や猿手族が番吾に向かっています。

元々番吾に向かう予定でしたが、メラ族が趙軍を突破するのが早すぎると違和感があるようです。

明らかに番吾に罠が仕掛けてあって番吾に誘いこもうとしています。

キタリは壁を助けたい一心で違和感に気づいていないため李牧の罠にハマって壊滅もありえる状況です。

しかしキタリも趙軍の罠があるのは分かっているはずです。

キタリの想定の上をいく罠かどうかが鍵になってそうですね。

 

番吾を落とす秦軍

史実上では秦は番吾を一度落とすことになっています。

そこから李牧の凄まじい反撃が始まります。

番吾を落とさせ誘い込むのが李牧の策の第一歩になると思われます。

秦軍の25万全てが番吾に集まったところを一網打尽にする秘策があるはずです。

火や水を使って災害レベルの攻撃をしそうですね。

 

番吾に籠城

キタリたちが番吾を落としたとしても総大将の王翦軍が倒されて秦軍が壊滅したら番吾に取り残されてしまいます。

楊端和が王翦軍がピンチだと知った時に撤退の指示を出すのか、秦の勝利を信じて番吾を攻め落とすのか。

楊端和の判断力を試される時は近そうですね。

 

壁は救出されるのか?

壁は李牧の罠を知っているようです。

王翦は李牧の裏をかいたつもりですが完全に李牧の手のひらで転がされている状況です。

前回は被害の少なかった王翦軍でしたが今回は番吾まで乗り込むので王翦軍もヤバそうですね。

亜光、田里弥、倉央の誰かしらが討たれる可能性が高いです。

 

左翼の山の民VS舜水樹、馬南慈

こちらも激しい戦いが繰り広げられていると思われます。

亜光軍と飛信隊が壊滅状態になると山の民の戦いも厳しくなっていきます。

壁を助けるのも難しくなってしまうでしょう。

 

番吾

番吾から1番近い山の民軍。

中央軍、右翼軍が不利な状況でも山の民軍が番吾城を落とす可能性があります。

秦軍が目指す先に壁がいると占いで出ているので、番吾で壁と再会する可能性があります。

史実では番吾を落とした後に趙軍の反撃で完全に敗北することになっています。

番吾を山の民軍が落とすのも李牧の策略だとしたら李牧の完全勝利になります。

 

楊端和の山の民軍

桓騎が居なくなってしまったため楊端和の山の民の戦いが凄く楽しみです。

桓騎と楊端和の常識外れの戦略で圧倒的に不利な状況をひっくり返すのが見ていて気持ちいいですね。

今回は楊端和も敗戦になりますが、負けるにしても山の民の凄さを見せつけるシーンがあると思われます。

 

壁将軍とキタリ

壁将軍をずっと心配していたキタリ。

占バァには婿といじられていました。

キタリに助けられた壁将軍が婿にいく可能性も出てきましたね。

壁将軍が尻に敷かれている姿が浮かびます。

 

キングダム788話ネタバレ最新話考察|李牧の策略

これまで李牧の策略通りに進んでいます。

それには司馬尚が危険を犯し匿ってくれた恩もあり絶対に負けられないという執念を感じるほどの策略が練られていました。

一か八かではなく秦の動きの全てに対応出来るように仕組まれていた罠に秦は抗うことが出来るのか。

 

砦から消えた李牧の行方は?

今回1番気になるとこ部分だと思われます。

消えた李牧が向かった先は間違いなく秦軍総大将の王翦でしょう。

李牧は傅抵やカイネと趙遊軍を引き連れ司馬尚軍と王翦軍を挟撃するはずです。

信を罠に嵌めたのも王翦を倒すためなので飛信隊が罠に気づいて戻ってくる前に、王翦を仕留めたい李牧。

その李牧が王翦を間違いなく討つためにすべきことは司馬尚と連携することになります。

司馬尚の猛攻から退却を始めようとする王翦の後ろから李牧が現れたらさすがの王翦に逃げ場も勝ち目も無さそうです。

誰が増援に来てくれるのか、王翦はなりふり構わずに逃走するのか?

今まで泥臭い戦いを一才しなかった王翦が泥まみれになり逃走劇を繰り広げることになりそうです。

 

逃走する秦軍に李牧の罠

李牧は秦が2度と趙に攻めて来れないように完膚なきまで潰すと話していました。

そのことからただ勝つだけではなく秦軍を壊滅させることが本当の目的になります。

李牧の狙い通りに秦軍を追い込んでいるため、李牧は王翦が撤退するタイミングも読んでいると思われます。

王翦が撤退を決めても簡単には逃げれない罠や策略として王翦の裏側に回り込んでいる部隊がいると考えられます。

後ろに周りこんだ部隊を李牧自身が率いていたら逃げるのはかなり困難なものになるでしょう。

 

全てが李牧の思い通りに行くのか!

今のところ全てが李牧の思い通りに進んでいます。

このまま趙軍の圧勝で終わっても見ごたえはありますが、ちょっと趙軍が焦るくらいの反撃をしてくれた方がより盛り上がりはずです。

だからこそ王翦が反撃する見せ場を作りつつ秦軍が勝つかもと一瞬期待させて趙軍が勝つ展開になると思われます。

 

司馬尚の実力

司馬尚は知略型か本能型なのか。

オルド率いる2万人を司馬尚は5千人で追い返した事があります。

良い軍師がいるのか司馬尚自身が知略型なのか。

オルドは司馬昭を讃えて大虎と呼んでいたことからも司馬昭は身体も大きく武力もあると思われます。

李牧レベルがもう1人いると考えると趙軍に勝てるわけがないとなってしまいます。

龐煖の武力に李牧の知力を備えた最強の将軍の可能性もあります。

本能型なら信とバチバチの戦いを繰り広げてることになりそうですね。

 

李牧の誤算

李牧は秦の軍容を知っているから有利だと話していました。

ですが軍容を知っていても成長までは読めない部分だと思われます。

飛信隊が李牧の予想を上回る成長をしていたら李牧の策の上を行くことが出来ます。

李牧は秦の軍容を知っているため油断から成長を読み違えている可能性がありますね。

信個人だけではなく信が抜けたあとの飛信隊が李牧の上をいく成長をしていたら李牧の策を力で破ることが出来ます。

 

カイネの死

李牧の本音をこっそりと聞いたことで死亡フラグが立っているカイネ。

李牧との結婚を夢見て番吾の戦いで秦を根絶やしにしたいと考えているカイネ。

李牧を狙う信を深追いしすぎているように見えます。

李牧の作戦よりカイネは深く入っているため李牧側がピンチだと思わせる作戦は上手くいっていますが、作戦より深追いするカイネ自身の危険度は増してしまいます。

カイネが飛信隊に討たれ李牧を本気で怒らせてしまうかもしれません。

李牧の怒りが秦を大敗に追い込む1番の理由になりそうですね。

 

キングダム788話ネタバレ最新話考察|王翦の救援に向かう飛信隊

飛信隊は李牧の罠で蚊帳の外に出されていたことに気づき慌てて本陣に戻っています。

飛信隊を蚊帳の外に出す為に中央と左翼にも罠を張っていた李牧。

そんな李牧が万が一にも飛信隊が戻って来れないように罠を張っているはずです。

その罠をかいくぐり飛信隊は王翦の救援に間に合うのか?

もし間に合うのなら王翦にトドメを刺そうとする司馬尚の攻撃を信が王騎の矛で受け止めるシーンが見たいですね。

 

絶望する河了貂

砦を眺めている河了貂。

飛信隊から「簡単だった」「小さい砦に逃げ込んだのが裏目に出た」「隠れる場所も少ないからすぐに見つかる」などの声が聞こえてきます。

可了貂は簡単すぎることに違和感を持ち、しまったと馬から落ちました。

地べたに倒れたまま李牧の策略にハマってしまったことに気づいた河了貂。

その頃砦の中では李牧が逃げたと思われる地下道を信が発見していました。

 

厄介な飛信隊

どんなピンチも乗り越えてきた飛信隊。

飛信隊は信が凄すぎて信ばかりが注目されてますが、飛信隊あってこその信です。

信も李牧を狙うなら、強い者を連れて行くと言っていたので飛信隊の中でも精鋭と呼ばれる者達になります。

数百から数千の李牧の罠を弾き返すと思われます。

 

分断された右翼の飛信隊

信が一万人連れて行ったので七万人VS二万人の戦いになります。

戦略関係なく数で圧倒することも可能な戦力差になります。

右翼軍を取り囲み完全に孤立させることも出来そうですね。

 

信の弟分登場?

即戦力の3人以外や他の新兵の中に信のような青年がいるかもしれません。

無茶をして武功を上げるタイプで信が居ない右翼で活躍するかもしれません。

信が無茶するなと叱ると周りに信が言うなとつっこまれそうですね。

まだ新兵で信の弟分的なキャラがいないので是非登場してほしいですね。

候補としては士桃が入ります。

士桃のぶっきらぼうなとこや、崇原歩兵長に喧嘩を売ったりクビはやめてくれ、などの発言がありました。

信と士桃はめっちゃ仲良くなるかぶつかるかのどちらかになりそうで使い捨てキャラにはならなそうですね。

 

信と羌瘣の距離感

羌瘣にプロポーズしたことで死戦でさらに一踏ん張り出来るようになった信。

番吾の戦いは秦にとってかなりキツい戦いになると明かされています。

信も瀕死になりながら羌瘣との約束を思い出し死線を乗り越えるフラグになってそうですね。

飛信隊と桓騎軍の傭兵とで共闘してもらいたいですがプロポーズのこともあって照れ臭いのか羌瘣は信と距離をとっています。

2人の距離感が戦場で影響しないのかと心配になります。

距離感があったから伝達が上手く伝わらないなどのデメリットが出なければ良いんですが、、、

逆に信が言うように絆が深まり良い効果が出る可能性があります。

悪く影響してしまうと信のプロポーズが断られてしまうかもしれません。

 

番吾での信と羌瘣

番吾の戦いは死と隣り合わせのような戦いが繰り広げられることになります。

離れて戦っている信と羌瘣のどちらかが死ぬ寸前まで追い込まれる事になります。

その時に助けに行けるのか助けに行けない状況にいるかもしれません。

信頼してるから離れて戦えるのもありますが助けが必要な時に助けに行けないという歯痒さもあります。

信も羌瘣も番吾の戦いで死ぬ事はないと思いますが、結婚観に影響はありそうですね。

 

死のふちでプロポーズの返事

李牧の策にハマりピンチに陥る秦軍。

信と羌瘣も飛信隊のために無理をするはずです。

そしてプロポーズをした信の方が無理をする可能性が高いです。

死ぬかもしれない信に羌瘣が生きて戻ったら結婚しようと言って信を鼓舞しそうですね。

生きて帰ってきた信に、「そんな事言ったか?」ととぼける羌瘣に胸アツ展開がありそうです。

 

李牧と信は死なない

史実上では番吾の戦いで李牧と信は死んでいません。

2人とも死なないと分かっていてもハラハラする展開です。

李牧の戦略にハマりながらも、それ以上の武で跳ね返すところが見れそうです。

キタリは趙との戦いより壁のことばかり気にしているようです。

史実では一度番吾を落とすのでキタリの活躍で番吾を落とし壁を救出することになりそうです。

番吾ををとられるのも李牧の策略かもしれません。

番吾に入ったキタリや山の民たちを一網打尽にする罠が待ち受けてそうですね。

 

楚水隊、赤飛麃

飛信隊の精鋭部隊とも言える楚水隊と赤飛麃。

信も李牧を討つのに楚水隊と赤飛麃の力が必要だと認めています。

李牧の罠にハマり本陣の救援に間に合わない飛信隊。

更なる罠があれば楚水隊と赤飛麃がしんがりを務め犠牲になり信を逃す展開になりそうです。

飛信隊にとって楚水隊と赤飛麃を失うのは今後の戦いに大きな影響を与え苦しい戦いになりそうです。

 

六大将軍第3位の王翦

六大将軍の第3位の王翦。

趙で1位2位の李牧と司馬尚を相手にするのは役不足ともいえます。

それでも一度負けている王翦を総大将にしたのは嬴政にも考えがあるはずです。

嬴政なりに王翦なら李牧を倒せる何かを見出していると思われ、王翦はその力をまだ発揮出来ていないと考えられます。

嬴政が期待した力を発揮して趙軍に一矢報いるシーンがあるかもしれません。

 

姚賈の諜報活動

李斯が雇っている中華一の諜報員の姚賈。

今回も姚賈から番吾を攻めるなとの情報は入らなかったようです。

奴隷の壁ですら番吾は危ないと分かっているので姚賈も番吾は危ないと分かっている可能性は高いです。

元々李牧の裏を書くために番吾を攻めることになったので番吾以外を攻めろと秦に伝えるだけなら李牧や敦開に疑われるとは思えません。

姚賈は完全に趙側についている可能性があります。

 

嬴政

趙軍の罠もなく北東部軍も無事通過し番吾の手前の頭佐平原にて真っ向勝負が始まったと嬴政に伝わります。

2連敗は出来ないとざわつく文官たち。

文官たちも王翦、楊端和、王賁、李信なら必ず勝てると士気を高めています。

嬴政も負けたら中華制覇の道から大きく後退すると不安を隠せない様子です。

 

まとめ

ヤングジャンプで連載されている漫画「キングダム」の788話をネタバレありで予想しました。

史実上では秦が惨敗することになる番吾の戦いですが李牧の知略にどこまで秦軍が喰らいつけるのか。

番吾の戦いではどのようなドラマが待っているのか楽しみですね。

青歌軍も動き出してきて一気に秦軍が壊滅状況に追い込まれる可能性もありますね。

今回は「キングダムネタバレ788話最新話考察!カンサロが司馬尚を守る理由が判明!」として紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました