「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

夏目アラタの結婚真珠の正体は何者?父親母親との関係の真相を徹底調査!

マンガ
Pocket

夏目アラタの結婚に登場する真珠の正体は何者なのか、父親と母親との関係の真相はどうなのかを徹底調査しました。

夏目アラタの結婚に登場する真珠の正体が何者なのか、気になる人はいると思います。

そして真珠の父親と母親との関係性はどうなっているのかという真相にも興味がある人はいる筈です。

なので今回は夏目アラタの結婚に登場する真珠の正体は何者なのか、父親と母親との関係の真相はどうなのかを徹底調査しました。

 

夏目アラタの結婚真珠の正体は何者?

まずは夏目アラタの結婚に登場する真珠の正体は何者なのかを調査しました。

調査した結果、真珠の正体は真珠の実の妹でした。

この結論から見ると真珠が犯した罪をかぶって逮捕された双子の妹のように見えますが、実際はそうではありません。

真珠の妹であるという事は紛れもない事実ですが、真相は真珠に仕立てられた存在でもあったのです。

そのため妹には本当の名前もなく、戸籍も存在せず、本当に真珠として生きてきました。

なのでいるけどいないような曖昧な存在と言えます。

この事からも本当の真珠は妹が生まれた時には既に命を落としていたのでしょう。

どういう形で命を落としたかは明らかになっていませんが、母親である環の故郷の裏山に彼女の遺体が埋められていたのです。

環は大層真珠を可愛がっていたのか、真珠が命を落としたことを受け入れる事が出来ませんでした。

なので真珠の代わりとなる子供を産もうと決意し、こうして生まれたのが妹という事です。

しかし真珠の代わりとなるとすれば、年下だけど同年代に見えるようにしないと怪しまれてしまう可能性が大。

なので嘘が発覚されないように、様々な細工を施します。

まず体つきを大きくするためにご飯を大量に食べさせる事で、体を太らせていました。

これによって小さな体格から年下ではないのかという疑念を晴らさせたと言えます。

次に歯の問題で偽物である事が発覚されるのを恐れた母親は妹を医者へと連れて行かず、歯並びが良くなくても虫歯が出来てもお構いなし。

そして学校に関しても、真珠と同じという事になっているので本来の学年より上の学年の者達と勉強する事になりました。

本来の学年で学ばないといけないところを、そういうところをすっ飛ばしてしまった事でついていくことが中々出来ず、いじめられてしまった事もあったのです。

こうして考えると、妹が非常に不憫すぎる感じになってしますね。

本来だったらちゃんとした生活をしたかったでしょうし、おしゃれだってしたいでしょうし、友達とも遊びたかった筈です。

逮捕後に法廷に顔を出した時の外見を踏まえると、あの外見のままだったら問題なく生活出来たでしょう。

しかし母親の現実逃避的な考えのせいで、真っ当な生活を送ることが出来ず、太らされてしまうと言った不遇を味わったのです。

こんな生活下ならば、犯罪に走ってしまうのも十分にあり得るでしょうし、アラタも同情せざるを得ないのも無理もない事でしょう。

 

夏目アラタの結婚真珠と父親母親との関係の真相を徹底調査!

次は真珠と父親、母親の関係の真相を調査しました。

果たして、どんな真相が待っているのでしょうか!?

真相はご覧の通りです。

 

母親との関係

まずは母親との関係を解説していきます。

母親の環は真珠を溺愛していましたが、妹の方はそうでもありません。

妹はあくまで真珠の代わりと言える存在であり、妹に関しては存在すら認めていませんし、むしろ虐待していると言っても過言じゃないです。

妹の方も自分は真珠じゃないのに真珠にしようと虐待をしている環に対していい思いを抱いておらず、殺意さえ抱いているほどでした。

しかし同時に好きでもあったので、複雑な心境を抱いてもいたのです。

やがて母親は妹が中学生になった時にくも膜下出血で命を落とす事になり、妹は天涯孤独の状況に陥りました。

上記の事を踏まえると妹が母親を手にかけたように見えますが、実際はそうじゃなくて本当に病死だったのです。

ただそろそろ反抗期に突入する頃合いでもあったと言えるので、ここいらで病気で命を落とさなかったら本当に始末されていたかもしれません。

それくらい綱渡り状態の関係性と言えたでしょう。

 

父親との関係

次は父親との関係を解説していきます。

父親に関しては命を落とした方の真珠は三島が父親であり、妹の方は弁護士として妹を弁護している宮前でした。

この事からも環は三島と別れた後に、再婚して妹を生んだのでしょうね。

宮前は弁護士として活動しているので、とても頭がいいと言う事が分かりますし、妹もアラタ相手に駆け引きをする頭の良さがありました。

その事からも血の繋がりがあるように感じます。

しかし裁判の時には別れているのもあり、赤の他人という関係性なのかもしれません。

そもそも環は妹を真珠として育てようとしていたので、そのためには弁護士である宮前は反対する可能性がありました。

環としては反対されて警察に言われるのを非常に恐れたのか、何かしらの方法を使って無理やり別れさせたんじゃないでしょうか。

宮前は別れされた後、時折環達の様子を見ていたことからも、妹が逮捕された後に弁護する事を決めたのだと思います。

妹の方も本能で父親と感じたと思いますが、立場的に他人のように接している様子を見せていました。

本当に状況が状況とは言え、親子らしい会話が出来ないのはかなり心苦しい感じではありますね。

 

まとめ

今回は夏目アラタの結婚に登場する真珠の正体は何者なのか、父親と母親との関係の真相はどうなのかを徹底調査しました。

こういう風に深堀すればするほど、真珠は本当に不憫だなと感じてしまいますね。

そして普通に真珠の妹として育っていれば、きっとありふれた生活を送れていた事でしょう。

そういうことを考えていると余計に不憫に感じてしまいます。

以上で夏目アラタの結婚に登場する真珠の正体は何者なのか、父親と母親との関係の真相はどうなのかを徹底調査を終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました