「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

漫画OUTは登場人物が死にすぎ!死亡キャラ一覧とエグい死に方を紹介!

漫画OUTは登場人物が死にすぎ!死亡キャラ一覧とエグい死に方を紹介! OUT
Pocket

ヤングチャンピオン連載の漫画「OUT」では登場人物が死にすぎています。

登場人物には実在した人もいる漫画なので実際に死んだのかと気になる方は多いと思われます。

そこで死亡キャラの一覧と衝撃的なエグい死に方を紹介していきます。

今回は「漫画OUTは登場人物が死にすぎ!死亡キャラ一覧とエグい死に方を紹介!」として書いていきます。

 

漫画OUT登場人物が死にすぎ死亡者一覧!

漫画OUTでは斬人と狂乱鬼の抗争もあり次々に死亡者が出ています。

OUTには実在する人物もいてどこまでが実話なのか気になります。

さすがに実話ではないと思いますがそれでも死亡者が多いですよね。

  • 三浦祐也(狂乱鬼)
  • マヌク(7代目斬人)
  • 風間美鈴/フーリン(狂乱鬼)
  • ニカク(狂乱鬼)
  • 福山荒志(5代目斬人)
  • 本郷ルキア(6代目斬人)
  • 皆川状介(5代目斬人)
  • 下原一雅(8代目爆羅漢)
  • 南田煌介(剛浄会牧瀬組)
  • 長嶋圭吾の父親

まだまだ死亡者は増えると思われますので追記していきます。

OUTとバウンサー繋がりあり?フーミンやマヌクや丹沢登場で時系列を調査。

 

漫画OUT死亡キャラ一覧とエグい死に方を紹介!

上記でまとめた死亡者のシーンを詳しく解説していきます。

抗争中のため死んだような描写がありますが治療が間に合い生きている場合などもあるかもしれません。

そのため235話時点で死亡したと思われる人物になります。

 

三浦祐也(狂乱鬼、元阿修羅)

三浦祐也は阿部要との激闘の末に斬人の王とマルコにマヌクの仇として腹部と背中を刺されて死亡しました。

死亡する前に阿部要と抗争を止める約束をした三浦祐也。

これで抗争が終わるとメンバー達が安堵する中、刺されてしまいました。

再度抗争が悪化しようとした時に三浦祐也は立ち上がり抗争を辞めるように友達の間宮と約束し力尽きました。

 

マヌク(7代目斬人)

マヌクは三浦祐也との戦いで死亡しました。

マヌクは三浦祐也に敵わないと分かりながらも丹沢敦司のために最後の最後まで三浦祐也を行く手を阻みました。

タフでしつこいマヌクを三浦祐也ボコボコにしました。

誰がやったかの描写はありませんが最後は後頭部に鉄筋が突き刺さり座りながら死んでいました。

その後に証拠隠滅のため車のプレス機でプレスされていました。

 

風間美鈴/フーリン(狂乱鬼、元6代目斬人)

フーリンは死んだと思われますが完全に死んだ描写はなく生きている可能性もあります。

ただ長嶋圭吾との戦いで脇腹を刺され指も切断されています。

最後に長嶋圭吾の攻撃を受けて倒れてしまいました。

治療が間に合い抗争終了後に実は生きているという可能性もあります。

 

ニカク(狂乱鬼、元6代目斬人)

ニカクは背中の古傷を目黒修也に抜き手で攻撃されて死亡します。

ニカクは弦巻良樹が認めるほどの実力の持ち主です。

ニカクの兄のイッカクとの戦いの疲れもあり全くニカクに歯が立たない目黒修也。

目黒修也は戦ってみてイッカクとの戦いの疲れが無くても勝てなかったと力の差を認めています。

過去にニカクから聞いた古傷を思い出しその場所に渾身の抜き手を決めました。

ニカクは目黒修也と田口勝とタバコを吸いながら穏やかに死にました。

 

福山荒志(5代目斬人)

5代目斬人の福山荒志は6代目斬人に殺されてしまいます。

6代目斬人のフーリンが嫉妬でアフマドのヤードで長嶋圭吾を殺そうとしたことが福山荒志にバレてしまいました。

アフマドとの関係が皆川状介にバレたらマズいからと福山荒志を攫い殺しました。

 

本郷ルキア(6代目斬人)

ルキアは5代目斬人総長の皆川状介を殺そうとしたところを阻止されて拷問の末に殺されました。

6代目斬人が福山荒志を殺したことが皆川状介にバレるのは時間の問題でした。

バレる前に皆川状介を殺すために動いた本郷ルキア。

皆川状介は長嶋圭吾に助けられて本郷ルキアの作戦は失敗に終わりました。

その後皆川状介に拷問の末に殺されてしまいました。

本郷ルキアの死体が埋められた穴には大事な物が隠されていたようで関東暴狂連合も絡んできました。

 

皆川状介(5代目斬人総長)

皆川状介は狂命戦争で圧倒的な力と残酷さを見せつけていました。

皆川状介を止めないとやばいと感じた各チームの頭が6代目斬人の弦巻良樹に皆川状介殺しを依頼しました。

皆川状介の異常さを身近で見ていた弦巻良樹は依頼を承諾しました。

ルキアを殺されていたこともあり皆川状介を止めないとまずいと感じていたようです。

皆川状介を殺しをしたことで7代目斬人の丹沢敦司らに恨みを買い嵌められてパクられてしまいました。

 

下原一雅(8代目爆羅漢総長)

8代目爆羅漢の総長。

下原3兄弟の長男で親が経営している建築会社の次期社長。

黒上の長髪で鋭い細目が特徴。

冷酷な性格をしていて自分の兄弟の下原 孝二の口を切り裂いた過去がある。

斬人との代表戦で丹沢敦司に瞬殺されてその後行方不明になっています。

死亡する描写はないですが死亡していると思われます。

 

南田煌介(剛浄会牧瀬組)

南田煌介は丹沢敦司の母の元彼氏。

元彼氏と言えば聞こえは良いがただの金ヅルとして丹沢家に出入りしていた。

丹沢敦司が南田煌介からの暴力を受け自殺しようとした時に皆川状介に助けられる。

自殺を辞めた丹沢敦司は南田煌介にさらに暴力を受け瀕死の重体を負い入院しました。

見かねた皆川状介が南田煌介を呼び出し丹沢家から手を引くように説得するが聞く耳を持たないと戦うことになりました。

その後死体でされた南田煌介。

南田煌介がしていたブレスレットを皆川状介がしていました。

さらに皆川状介のブレスレットはアイスマンがしています。

アイスマンの登場で皆川状介の死の真相が判明しそうです。

 

長嶋圭吾の父親

長嶋圭吾の父親も死んでいます。

死んだ描写はなく福山荒志を通じて緒方という者から死んだと聞かされます。

長嶋圭吾の父親は組織に属していないが喧嘩中毒の長嶋と言われ恐れられていたようです。

緒方も助けてもらった過去があり慕っているようです。

長嶋圭吾に形見の日本刀を手渡しました。

長嶋圭吾はその日本刀を持ち父親の教えを思い出しフーリンになんとか勝つことが出来ました。

 

死亡しそうなキャラを予想

斬人と狂乱鬼の抗争に関東暴狂連合も加わりさらに死亡するキャラが出てくると思われます。

死亡フラグが立っているキャラや死亡しそうなキャラを予想しました。

  • 楽崎海(狂乱鬼、元6代目斬人)
  • 弦巻良樹(狂乱鬼総長、元6代目斬人)
  • 下原賢三(元8代目爆羅漢、名無死)
  • 兼平光拳(関東暴狂連合)

 

楽崎海(狂乱鬼、元6代目斬人)

狂乱鬼に内緒で関東暴狂連合と連絡を取り勝手な行動をしている楽崎海。

喧嘩は弱いが思考が1番ヤバいキャラです。

楽崎海が死なない限り死亡者は出続け抗争が終わることは無さそうです。

 

弦巻良樹(狂乱鬼総長、元6代目斬人)

弦巻良樹か丹沢敦司のどちらかが死ななきゃ収まらないと言われています。

丹沢敦司は実在して小説にも登場しているので丹沢敦司は死なないと思われます。

消去法で弦巻良樹が死亡すると予想できます。

 

下原賢三(元8代目爆羅漢、名無死)

下原賢三は関東暴狂連合の兼平光拳に狙われています。

兼平光拳側は秘密を知った下原賢三を生かしとくわけにいかないようです。

現在下原賢三が運転する車の荷台に潜んでいる兼平光拳に殺される可能性があります。

 

兼平光拳(関東暴狂連合)

秘密を知った下原賢三の運転する車の荷台に潜んでいる兼平光拳。

下手を打てば下原賢三率いる名無死に殺される可能性があります。

兼平光拳か下原賢三のどちらかが死亡することになりそうです。

 

まとめ

漫画OUTでは登場人物が死にすぎていて誰が生存しているのかわからなくなってしまいますよね。

死亡キャラ一覧と衝撃的でエグいな死に方を紹介しました。

今回は「漫画OUTは登場人物が死にすぎ!死亡キャラ一覧とエグい死に方を紹介!」を書きました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました