「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

パンプキンナイト尚子のしゃべり方が赤ちゃん言葉の理由はなぜ?過去のイジメや復讐された死亡キャラを調査!

パンプキンナイト尚子のしゃべり方が赤ちゃん言葉の理由はなぜ?過去のイジメや復讐された死亡キャラを調査! マンガ
Pocket

今回は谷口世磨と漫画鬼畜島でも有名な外薗昌也がタッグを組んだとして話題の、処刑スプラッターホラー漫画のパンプキンナイトに出てくるヒロイン尚子について見ていきたいと思います。

パンプキンナイトに出てくる人物の中で、1番狂っているであろう桐乃尚子。

彼女はなぜ、あんなにも狂って復讐に囚われてしまったのでしょうか?

そして、桐乃尚子といえば赤ちゃん言葉のしゃべり方が印象あり、赤ちゃん言葉で話す理由はなぜなのか、気になった読者もいるはずですよね。

顔が整っており、誰もが羨むスタイルを持っていた尚子なのに、過去に壮絶なイジメにあっていた理由とは?

過去のイジメが原因でしゃべり方が変わってしまったのではないか?と思う方もいますよね。

パンプキンナイトといえば、豪快で残虐な殺害方法で衝撃が走る描写が多く読んでいる人は、なぜこんな残虐な子なのか?と思う方も少なくないと思います。

そんなパンプキンナイトですが、彼女が行動を起こす理由は復讐だけなのでしょうか?

復讐の矛先はもちろんイジメていた同級生へ向けられ、すぐに死んでしまった死亡キャラもいますが、回を増すごとにどんどん過激な描写になっていく復讐劇。

ぞの復讐された死亡キャラも一緒にみていきたいと思います。

 

パンプキンナイトしゃべり方が赤ちゃん言葉の理由はなぜ?

パンプキンナイトのしゃべり方が、赤ちゃん言葉の理由はなぜなのかはっきりとはわかっていません。

ですが、パンプキンナイトに扮している尚子が元々赤ちゃん言葉のしゃべり方なので正体を隠す感じではないのかもしれませんね。

作品を読む限り赤ちゃん言葉がいきすぎて何を話しているのかわかりずらい時がありますが、そこには尚子が過去にイジメられていたことが理由なのかもしれませんね。

ただ、なぜ尚子は赤ちゃん言葉で話すのかは理由が描かれていません。

ですが、過去にイジメられた時のある事件がきっかけで赤ちゃん言葉が更に際立ったのかもしれません。

復讐に駆られるパンプキンナイトと赤ちゃん言葉は見るものがさらに恐怖するのは間違えありませんね。

復讐を糧にしているパンプキンナイトは、1話終わる事に死亡キャラもどんどん増えていき、死亡キャラたちが最後には、パンプキンナイトに許しを請う場面は見ている読者たちも爽快感を覚えるほどスッキリしますよね。

 

パンプキンナイト尚子の過去のイジメや復讐された死亡したキャラを調査!

パンプキンナイトのヒロイン尚子に起こった過去のイジメは、どれも見ているものが目を覆いたくなるようなひどいイジメですよね。

尚子は誰もが羨む美貌でありながら、スタイルも良く完璧に見えるのですが、イジメられるようになったのは尚子の自身にあるのかもしれません。

尚子の性格は、こうと決めた事は諦めず必ずやりとげないと気が済まず、自分と自分が好意を寄せている人以外は虫けらなような存在価値しかないと思っています。

そして、いつも大きなリボンのヘアーアクセサリーに可愛いピアスを身に着け、何事にも自分が1番可愛いのがわかっていて、しゃべり方は赤ちゃん言葉で話しています。

過去にイジメられる原因はこれにあったのかもしれませんが、これだけではイジメがエスカレートする理由とは程遠い気もしますよね。

なぜ、尚子はどんなにイジメられたとしても決して自分を曲げる理由にはならず、顔面がボコボコにされても、髪を無理矢理切られても大きなリボンのヘアーアクセサリーは外さず登校していたのか、不思議ですよね。

それは、先ほども紹介した尚子自身の芯の強さなのかもしれません。

そんな、尚子を見てイジメていたクラスメイトは更に過激になっていき、パンプキンナイトが誕生してしまった原因でもある、ハロウィンパーティーの事件。

そのハロウィンパーティーイベントで、尚子はパンプキンクイーンに選ばれパンプキンナイトの被り物を被った瞬間顔が焼かれてしまい、尚子の元々の赤ちゃん言葉と口も火傷を負いあのしゃべり方になったのかもしれません。

あの美貌から、顔を焼かれてみんなの前で恥をかかされたら復讐を決意するのも頷けますね。

尚子に、復讐された死亡キャラたちは性格が曲がっているので、無残に殺されて可哀相な気持ちもありますが、見ている読者は気持ちいいですね。

死亡キャラの中でも、尚子に対して壮絶なイジメをしていた主犯格「黒木鳴人」。

親が市長であり、その見た目から女の子からの人気が多く、女癖も悪く、ハロウィンパーティーで尚子が被ったパンプキンの被り物に仕掛けをした、張本人。

そして自身の体裁を保つため、警察に頼らず自身らでパンプキンナイトを殺そうと計画を立てるが結局パンプキンナイトに殺されてしまいます。

死亡キャラの中で主犯格のイジメを行っていた人物が死んで、物語も完結かと思えばまたそこから新たな敵が出てくるので、読者を飽きさせないパンプキンナイトですね。

 

第一章終幕…新たな悪魔が誕生⁉

パンプキンナイトは第4巻で、1章が完結を迎えていきます。

1章があるということは、2章もあるのではないかというファンの期待通り開幕しましたね。

1章で最強のパンプキンナイト尚子が死んでしまい衝撃の結末でしたが、2章は尚子をも超えるさらに最強のパンプキンナイトが誕生しましたね。

しかも2章での最強パンプキンナイトは、尚子が過去に壮絶なイジメに合い、唯一の心の支えであり以前から好意を寄せていた、「牧野和也」。

彼は尚子亡き後その意思を継ぎ、尚子よりも残虐なパンプキンナイトが誕生してしまいます。

そして、尚子の赤ちゃん言葉のしゃべり方でかつて、尚子をイジメていたやつらに復讐をしていきます。

1章よりもパワーアップした、パンプキンナイトは見ているものをさらに魅了していきエールを送りたくなるほどかもしれませんね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

尚子は自分が可愛いというのがわかっているヒロインでありながら、 サイコな一面もあり、それが過去のイジメによって顔が焼かれて自分の中の小さな幸せを奪われたと感じ、サイコな部分が爆発し脅威的な殺人鬼パンプキンナイトが誕生してしまいました。

尚子の赤ちゃん言葉のしゃべり方と、パンプキンナイトの被り物がより怖さを増す漫画。

怖さもありながら、赤ちゃん言葉でのしゃべり方を見て可愛いと思うシーンもありますよね。

どんな理由があっても、イジメというのは良くありませんが尚子程の美貌なら、嫉妬心に駆られそれがエスカレートしていくのかもしれませんね。

漫画を読んでいても、なぜ尚子が過去にイジメられていたのかは理解できませんでしたが、初めの方でイジメていた女の子が復讐され死亡キャラになったのは爽快感でしたね。

イジメからの復讐でなにも得るものがないけれど、尚子の気持ちを考えると仕方ないことなのかな?とも思えてしまいます。

死亡キャラからの繋がりでそこからまた話が発展していき、最後まで展開がわからない漫画であり見るものを魅了してくれる、絵のタッチのパンプキンナイトはすごくおすすめです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました