「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

夏目アラタの結婚ネタバレ最終回106話!アラタと真珠の結末を紹介!

マンガ
Pocket

夏目アラタの結婚の最新話の106話最終回のネタバレになります!

アラタと真珠の恋の結末がどうなったのか気になりますよね。

今回は「夏目アラタの結婚ネタバレ最終回106話!アラタと真珠の結末を紹介!」を紹介していきます。

 

夏目アラタの結婚ネタバレ最新話106話最終回考察!

それでは夏目アラタの結婚の106話を考察していきます。

 

夏目アラタの結婚ネタバレ最新話106話考察|アラタの気持ち

プロポーズした理由を教えるからと最後の面会希望をダメ元で出したら真珠が面会をオッケーしてくれました。

アラタは真珠が自殺をするのを心配して面会に行きたいと話していましたが、実際はただ会いたかっただけでした。

涙ながらに最後の別れを伝えるアラタ。

アラタと真珠はこれまで駆け引きだらけの恋愛をしてきました。

別れの言葉で真珠の気持ちを引こうとしているのかもしれません。

しかし失敗すると本当の別れになる可能性があります。

 

夏目アラタの結婚ネタバレ最新話106話考察|真珠の本当の気持ち

真珠はアラタと心中する直前に周防の事を愛していたことに気づいてしまいました。

そのため心中する直前に心中をためらい車のブレーキを踏みました。

ブレーキのおかげもあってか2人とも無事でしたが、2人は離婚して離れ離れになりました。

真珠の気持ちが周防だけに向いていると思われていましたが、真珠的にはアラタが素晴らしい男だから自分は相応しくないと引いているようにみえます。

アラタが好きだからアラタのそばに入れない真珠。

アラタに最後の別れを切り出された真珠の目には涙が溢れていました。

この涙は別れを受け入れた涙なのか、本当は別れたくないという涙なのか。

 

夏目アラタの結婚ネタバレ最新話106話考察|裁判の判決は?

全てを裁判で打ち明けた真珠の罪は3人の自殺幇助と本当の真珠の父の三島の殺人です。

三島の殺人も脅されて肉体関係を迫られたりしていたため、情状酌量されると思われます。

死刑にはならずに刑務所を出た後にアラタと再婚とかもありそうですね。

 

夏目アラタの結婚ネタバレ最新話106話考察|真珠は生きる希望を持てるのか?

死刑でいいと言っている真珠と死刑を免れるために綿密な計画を立てた真珠。

裁判で死刑を免れようとする真珠も本気だったし、アラタに死にたいと話す真珠も本気だったと思われます。

今の真珠は愛した周防を殺して、実は自殺だったことも明かしてしまった自分への嫌悪感。

さらにアラタとも一緒になれないという絶望で死にたい気持ちが強くなっています。

しかしアラタとの面会で生きる希望を持つことが出来たなら自殺することなく出所しアラタと結ばれる未来がありそうです。

 

夏目アラタの結婚ネタバレ最新話106話最終回確定!

最終回 品川真珠の結婚

真珠の一審の判決は、自殺幇助と殺人の罪で懲役11年と下されました。

二審では懲役12年になり上告したが却下されたため、真珠の刑は懲役12年に確定しました。

〜9年後〜

沙菜が旦那のミツルと赤ちゃんのサクラと車で走っていると、沙菜が車を止めてくれと叫びました。

旦那のミツルにサクラと先に帰っててと慌てた様子で沙菜は車を飛び出しました。

沙菜は険しい顔で買い物中の女性に近づきました。

その女性は真珠でした。

沙菜は検事から12年は妥当だと聞いていたが9年で出てくるのは早過ぎない?と不満を真珠にぶつけました。

刑務所で良い子にしてたからって途中で出てくるのは納得いかないと続けました。

真珠は仮釈放だからまだ刑は終わってないと答えました。

沙菜は終わってないなら週刊誌で住所を晒されても償いだよね?と詰め寄りました。

沙菜は自分で言った償いという言葉に罪悪感を感じているような表情をしました。

真珠は今は普通のおじさんと結婚してお惣菜の値引きを待つ生活をしていると話しました。

惣菜の値引きを待つ生活とは沙菜が9年前に真珠に臨んだ生活でした。

沙菜はそんな形だけの償いをしてほしいわけじゃないと言いました。

沙菜は娘が出来て命の尊さを知り、どんな事情があっても命を奪うのはダメだと話しました。

真珠は子供を欲しいとは思わないが命の大切はわかったと答える真珠。

アラタが事故で死にかけたときに寂しい思いをしたから、子どもじゃなく歌や絵が自分から生まれるのは素敵だとは話ました。

いつかこの素敵な気持ちが一生自分を苦しめることになるから安心してと話、沙菜は立ち去りました。

沙菜は死ぬとこまで兄を追い込んでしまった償いは、真珠を許すことなのか?と涙を流しました。

真珠は家に帰り米を炊いて風呂掃除をしてから、コタツに入ってみかんを食べてくつろいでいます。

新聞屋のおじさんをおとーさんと呼んで、またみかんちょーだいとLINEを送りました。

1人でゴロゴロしていると、主任になると仕事が大変で帰りが遅くなったと愚痴りながらアラタが帰ってきました。

表札にはアラタと真珠の名前があり、アラタをおかえりと真珠が出迎えたとこで終わりました。

 

まとめ

夏目アラタの結婚の最新話106話最終回のネタバレありの考察はいかがでしたか?

アラタと真珠がくっつくのを期待している方も多いと思いますが、殺人犯との恋はなかなか難しいはずです。

その辺りを考えるとハッピーエンドを期待して良いものかも考えてしまいます。

難しさも含めてどう展開していくのか楽しみですね。

今回は「夏目アラタの結婚ネタバレ最終回106話!アラタと真珠の」を紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました