「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

私がわたしを売る理由の最終回はどうなる?あらすじや内容をネタバレ!

私がわたしを売る理由の 最終回はどうなる?あらすじや内容をネタバレ! マンガ
Pocket

今回は私がわたしを売る理由の最終回はどうなるか考察。

あらすじや内容をネタバレしていきたいと思います!

私がわたしを売る理由は、夏子久先生が、2022年3月22日からサイコミで連載開始した作品です。

パパ活を題材とした漫画で主人公の恋愛の不器用さが可愛くもどかしいヒューマンドラマ作品です。

単行本は4巻まで発売されていて1章完結済みです。

一章『親ガチャ』二章『余命』知れぞれについて紹介していきたいと思います。

私がわたしを売る理由の最終回どうなるのか?

第二章がどんな展開になるのか気になりますよね!

ネタバレを含むあらすじの内容や最終回がどうなるのか考察をしていきたいと思います。

 

私がわたしを売る理由の最終回はどうなる?

私がわたしを売る理由は第一章が完結しています。

第二章が連載中なのですがまずは第一章の最終回を紹介していきたいと思います。

 

私がわたしを売る理由|第一章「親ガチャ」最終回

蒼真ともう一度話そうと決めマンションに行く椿。

ずっと話せなかったパパ活や家族に貯金を盗まれていた事をすべて話します。

困惑する蒼真。

二人共大好きで離れたくないけど恋人を信用出来ないのは一番辛いから別れを告げ出ていく椿。

そして和也に刺された傷が治るまでの間実家に帰り暮らすのでした。

少し家事を手伝う程度で少しのんびり出来た椿。

傷も癒えた頃そもそも私立大学と一人暮らしの生活費を奨学金とバイトで賄うのには無理があったと思います。

みんなみたいに普通の大学生になりたい。

私が頑張ったら親も自分も豊かになる。

色々思ってたけど結局親に自分を見てほしかっただけなんだと気づきます。

そして親から見てもらえないから代わりを探してでも親の愛情が欲しくてうまく行かなかったと思います。

そこに父親の姿が。。。

椿はビクビクする父に『大丈夫。私、怒ってないよ』と言います。

すると父は泣きながら椿を抱きしめ謝ります。

そして父は根っからの悪者じゃないし椿に情があるのも感じてしまいます。

でもそれ以上に自分のことで精一杯なのだと。

そして母親は自分よりも父のことがたまらなく好きなんだと悟ります。

無償の愛を両親に求めてきたが諦めようと思います。

父は体を壊し母親は働き詰めででもお金もなくて余裕なんてうまれないからしようがないと。

自分も同じ状況の時に周りに迷惑をかけたけどみんな受け止めてくれたと思います。

私も親に理想を求めるのはやめようと決心します。

それでも実家に置いてくれるだけでもマシかと思います。

そしてこれからは一人の人同士として距離を取って生きていくことを決めるのです。

依存を生まずお互いに幸せになる方法だと認めて今後のことを考えようと思います。

そして母にもう一度国立大学を受けさして欲しい。

もし次受からなかったら諦めて就職するからもう一年家に置いて欲しい。

椿が初めて本音をぶつけられた瞬間でした。

それを聞き母は前のようにしょうがないとは言いませんでした。

父はお酒を飲むと自分をコントロール出来なくなるから金銭管理をすること。

後はあなたの好きにしなさいと話します。

そしてアルバイトや勉強を頑張り国立大学の受験に向かうシーンで終わります。

 

私がわたしを売る理由|第二章『余命』最終回考察

彼氏である社長とは実は愛人関係だったり桜子の美貌は生まれ持ってのものではなかったり。。。

シュンは子供の時、性的虐待を受けていてSNSストーカーをしていたり物語は全貌に繋がっています。

生活水準が落ちたことに絶望を感じる桜子。

ボトックス注射で維持してきた美貌。

題名にもなっている『余命』は美貌の余命ではないかと考察します。

シュンは何故女性用風俗を始めたか?」についても今後描かれるのではないでしょうか?

誰よりも美意識が高いがゆえの結末になりそうです。

ですが年齢的にも桜子がパパ活をやめ第三章へと繋がると思います。

桜子やシュンが自分と向き合い明るい未来へ向かって歩きだしてくれたらいいですね!

 

私がわたしを売る理由の最終回までのあらすじや内容をネタバレ!

私がわたしを売る理由には第一章が完結、第二章が連載中です。

まずは第一章、「親ガチャ」のあらすじから紹介したいと思います。

 

私がわたしを売る理由|第一章「親ガチャ」あらすじ

主人公、椿は家庭が貧乏で友人と遊ぶことも我慢してバイトを続ける毎日を過ごしていました。

一人で生きていくためいい大学に入るため頑張っていました。

奨学金とバイト代でなんとか学費を払い生活費も補っていましたが苦しい生活状況でした。

そして緊急事態宣言がでたことでバイトの出勤日を削られる日が多くなりました。

どんどん生活が苦しくなっていきます。

何かいいバイトはないか?探していたところ見つけたのがパパ活でした。

お茶するだけで5000円!?と遂にパパ活を始めてしまうのでした。

ですが椿はパパ活に怖いイメージがありました。

慣れない男性との会話や食事もうまく喋れずそう簡単にはうまくいきませんでした。

椿は短時間で高価なお金もらえる魅力から抜け出せなくなっていきます。

何度もパパ活を繰り返す中で和也という固定客がつきます。

和也のおかげでお金に余裕もうまれ生活も安定してきた椿。

和也はあまり喋らず会話が弾むことはなかったのですがうまくこなしてきた椿。

今までおしゃれとは無縁だった椿ですが身だしなみを気にするようになりました。

しかしどうすればおしゃれになれるのか分からなかった椿。

同じ大学に通う礼におしゃれについて相談します。

自分磨きが大好きな礼はおしゃれに興味のない椿のことが気に入りませんでした。

ですがこの相談を通じて二人はどんどん仲良くなっていきます。

そして椿はどんどんおしゃれになっていき礼と仲良くなったことで自信も持てるようになっていきました。

飲み会に参加する機会も増え大学生活も楽しくなってきた頃、椿は更に金銭的に余裕が出来てきました。

そしてパソコンを買うことを決めた椿は和也に一緒に買い物に付き合ってもらいます。

しかしパソコンは中古でもとても椿が買える金額ではありませんでした。

メアドの交換を条件に和也にパソコンを買ってもらうことになるのです。

その時学生証を出したのですがうっかり和也に見られてしまいます。

人の良さそうな顔から一変不気味に笑い椿の個人情報を記憶したのです。

そして椿のストーカーになってしまったのです。

和也は待ち伏せしたり椿の自宅の前にカメラをつけたり自宅の前まで現れたりするようになったのです。

椿は怖くなり自宅に帰れなくなりました。

前々から大学の友だち蒼真にストーカーのことについて相談していました。

そして家に泊めてもらうことになるのです。

蒼真に椿が可愛いと思っていたと告白され二人は恋人にまります。

椿は蒼真に隠れてパパ活をしていることが罪悪感になっていきます。

幸せを感じ蒼真の事を考えパパ活を辞めることを決意する椿。

そして和也にパパ活を辞めることを話すとパソコン代を返すまで会ってもらうと言われます。

お金の縁が中々切ることが出来なかった椿。

お金を出してもらっていることもあり椿は苦しみます。

そんな中SNSで同じパパ活をしている女の子たちに知り合います。

そしてストーカー被害について相談しますが自業自得だと言われてしまいます。

そんな中、父に腰の治療費をせがまれます。

父との関係は悪かったが腰さえ治ればまた楽しく家族で過ごせると信じ定期的に振り込む約束します。

彼氏と会う時間を削りバイトを増やしても支払いが間に合わず追い込まれていく椿。

そして遂にパパ活をまた始めてしまうのでした。

心を売ることに自分が汚れていくことを感じる椿。

蒼真に助けてもらってから同棲状態でしたが隠れて和也に会う罪悪感から蒼真の家を出ます。

しかし蒼真は元気のない椿の声を聞きかけつけます。

そしてそばにいてくれるだけでいいというのでした。

蒼真の優しさに触れただこの人といたいと願う様になりました。

だからこそパパ活のことは話すことが出来ませんでした。

そのせいで蒼真といると罪悪感に押しつぶされそうになります。

幸せな気持ちの反面、自分が汚く感じてしまう椿。

遂に椿は耐えられなくなり和也とも縁を切り蒼真とも別れました。

一人で生きていくことを決心したのです。

 

私がわたしを売る理由|第二章「余命」あらすじ

もって生まれた可愛いを売りにパパ活をする桜子。

32歳でいつまで女を売ってパパ活を続けられるか不安をいだいています。

彼氏は会社の社長ですが女遊びも激しく結婚してもこれは続くんだろうなと思う桜子。

年齢的にもそろそろ結婚して子供を産んで家庭を持ちたいと思っていました。

そんな時彼氏に誕生日に秘密のプレゼントをあげると言われプロポーズかと思い喜ぶ桜子。

しかしその彼氏とは体の相性が合わず女性用風俗に登録してタイプの男性を見つけてしまいます。

ですが軽い気持ちで登録しただけでした。

そして誕生日の日約束していたディナーに彼氏が来ることはなく急な仕事が入り店員にプレゼントだけ渡されます。

彼氏が誕生日をを大事にしてくれなかったこと。

プレゼントがプロポーズではなく欲しがっていたかばんだったことに傷つきます。

そして遂に勢いで女性用風俗を使ってしまうのでした。

自分の心にためていたことをすべて話す桜子。

それの対し30過ぎても強欲のお姫様だねと笑顔で言われてしまいます。

そして桜子の気持ちに寄り添い相談に乗ってあげるのでした。

彼氏と会った時にもう少しだけ優しくして。

というのですがやっぱり性の相性は悪く痛いだけ。

もしかして自分の体に問題がある!?と悩む桜子。

そしてまた女性用風俗を使うのでした。

性について相談しやっとそこでシュンという名前を教えてもらいます。

自分の人生変えたかったら自分が変わらなきゃだめだよに相談に乗っていたシュンでした。

しかしそれは日向のことについて探りを入れる為に近づいただけで突然別れを告げられます。

シュンに桜子は泣きじゃくり自分との時間は全て嘘だったのか話します。

嘘じゃなかった。

楽しかったと言います。

そして日向と出会った高校生の頃の話をします。

どんどんシュンにはまっていく桜子。

一方で彼氏である社長との関係に悩み続けます。

それは本当にすきだったから。

ですが何度もシュンを呼んでしまう桜子。

そんな中会社でも社長との関係がバレていきついには同僚に女性用風俗を使っていることまでバレてしまいます。

しかもその同僚も女性用風俗を使い始めまさかのシュンが接客することに。。。

そしてこの同僚も桜子と同じくシュンの顧客になっていくのでした。

そんな中、盗聴器を仕掛けられる桜子。

しかし簿記を教えてもらうことを条件に許してしまいます。

社長にである彼氏の会社の経営危機と桜子の簿記三級合格が重なりました。

合格したことを伝えると口論になり最終、生活費にもらっているお金を投げつけられました。

このことがあり桜子は彼氏とちゃんと話し合い冷却期間を置くことになりました。

今度はシュンを呼ぶのではなく家探しからはじめる桜子。

順調に見えましたが社長との関係が切れてしまい生活水準が下がっていきます。

普通の家、金銭感覚も中々、元に戻りません。

生まれ持っての美貌かと思っていましたがボトックス注射を打っていた桜子。

そのボトックス注射すら打てなくなり老化を感じ闇落ちしそうになる桜子。

そしてそんな時に椿との食事会があります。

桜子目線の椿に対しての気持ちが描かれています。

そしてシュンが子供の時に性的虐待を受けていたような描写がありました。

日向も妹ではなくシュンがSNSストーカーしていた!?と思わせる描写がありましたね。

シュンと桜子は闇落ちしてしまうのか?

自分と向き合えるのか?

今後の展開が楽しみですね!

 

まとめ

今回は私がわたしを売る理由の最終回はどうなる?

あらすじや内容をネタバレ!を紹介させていただきました。

現代の女性のパパ活問題について描かれた物語です。

椿にも桜子にも強く生きて欲しいですね!

またの第二章は完結していないので最終回がどうなるか内容も気になりますね!

あらすじも含め最終回をネタバレ考察しました。

ふたりとも自分を大切に強く生きてくてることを願いたくなる作品でした!

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました